交響曲第46番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第46番ロ長調 Hob.I:46は、ヨーゼフ・ハイドン交響曲1772年作曲。 ロ長調という異常な調性や、特に最終楽章の斬新な構成から、作曲者の実験精神が窺える。シュトゥルム・ウント・ドラング期の作品。

概要[編集]

交響曲第45番、46番、47番の3曲はいずれも自筆原稿から1772年の作曲であることがわかっている。とくに45番と46番はともに嬰音記号の多い調性を使用している点や、最終楽章が中断して異なる音楽が出現する点など、共通性が高い[1]。ただし45番と違ってこの曲には何の逸話も残っておらず、どうしてこのような特殊な曲を書いたのかはわからない。

ハイドンは45番と46番を演奏するためにホルンの替え管を特注しており、ハイドン自身による1772年10月22日づけのホルン製造会社あての支払い書が残されている[1]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Vivace[編集]

4/4拍子。冒頭の動機のリズムは、交響曲第44番ホ短調『悲しみ』と同一である。第2主題は同主短調へ転調し、盛り上がる。展開部では冒頭の動機と、第2主題の短調部分の動機が使用される。

第2楽章 Poco adagio[編集]

ロ短調、6/8拍子、ソナタ形式。弱音器をつけたヴァイオリンによるスタッカートを基調としたシチリアーノ。主題は第1ヴァイオリンと低弦の掛け合い、第2主題はレガートの旋律により対比される。

第3楽章 Menuet - Trio, Allegretto[編集]

主部の後半の階段状のモティーフが第4楽章にて再現される。トリオはロ短調のコラールとなり、前半のリピートが省略され、一定のリズムが刻む。静かな雰囲気の中に強弱が鋭く対比される。

第4楽章 Finale: Presto e scherzando - L'istesso Tempo di Menuet - Tempo I[編集]

2/2拍子、ソナタ形式。発想表示の通り、おどけたような主題が単一主題的に展開される。しばしば休止を挟み、効果を強めている。展開部では、嬰ニ長調という臨時記号でのみ処理できる調性で開始されるため、ヴァイオリンに低いfisisが記譜されるが、これはg線の開放弦を指す。再現部の終わりは『告別』の交響曲と同じ手法で半終止が用意され、先述したメヌエットの後半主題が再現される。再び半終止の後、フィナーレの主題の断片が再現されるが、すぐ休止を挟み、ホルンと低弦により主音が保続され、終止のカデンツが準備される。2小節の休止の後、展開部からのリピートが指示されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b ホグウッドによるハイドン交響曲全集第7巻のウェブスターによる解説、1996年

外部リンク[編集]

交響曲第46番の楽譜 - 国際楽譜ライブラリープロジェクトPDFとして無料で入手可能。