交響曲第38番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第38番ハ長調 Hob. I:38フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの作曲した交響曲のひとつ。自筆楽譜が消失しているため、正確な作曲年は不明だが、当時ハイドン作品の楽譜の収集に力を入れていたゲットヴァイク修道院英語版の所蔵楽譜目録に「1769年に購入した」という記録があり[1]、それ以前に作曲されたものと考えられている。ホグウッドのハイドン交響曲全集では1767年ごろの作曲とする[2]

第2楽章で第1ヴァイオリンと弱音器付きの第2ヴァイオリンがエコーのような効果を生み出しているところからエコー(Echo)もしくはこだまという愛称で呼ばれることもある。

ハイドンのいわゆるシュトルム・ウント・ドラング期の交響曲の1つとされることもあるが、その一方で緩徐楽章が弦楽器のみである点や、独奏楽器が協奏曲的に活躍する点は初期の交響曲と共通する。

同じハ長調のカンタータ『アプラウスス』(Hob. XXIVa:6、1768年)の序曲として本曲の最初の2楽章を使っている演奏がある[3]

  • 演奏時間:15~20分

編成[編集]

この曲が作曲されたと思われる時期のエステルハージ家の楽団にはトランペット奏者もティンパニ奏者も雇われていなかったため、トランペットとティンパニのパートは後から書き加えられたものと考えられている[2]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro di molto[編集]

2/4拍子、ソナタ形式。上昇分散和音によるにぎやかな第1主題を持つ。展開部は主に第1主題によるが、後半急に弦楽器だけになり、ヘ長調の新しい旋律が現れる。

第2楽章 Andante molto[編集]

ヘ長調、3/8拍子、ソナタ形式。管楽器は使用されず弦楽器のみで奏される。弱音器を付けた第2ヴァイオリンが、弱音器なしの第1ヴァイオリンの音型を1小節遅れてエコーのように反復するのが特徴的。

第3楽章 Menuet - Trio: Allegro[編集]

メヌエット主部は普通だが、トリオはヘ長調で、オーボエのソロが特徴的である[1](ホルンは休み)。

第4楽章 Finale: Allegro di molto[編集]

2/2拍子、ソナタ形式だが、対位法的な進行が多い。時折はさまれるオーボエのソロが協奏曲的な趣を与えている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 音楽之友社ミニスコアのランドンによる序文
  2. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第5巻、ウェブスターによる解説。1992年
  3. ^ Applausus: No. 1 in C Major, Allegro (Sinfonia) - YouTube (Haydn Vokaal Ensemble 1992)

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集III(28-40番) OGT 1591』 音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]