ロンドン交響曲 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン作曲の「ロンドン交響曲」は、ハイドンがヨハン・ペーター・ザロモンの招きによってロンドンを訪問するにあたって1791年から1795年にかけて作曲した12曲の交響曲の総称である。他にもロンドン・セットや、招聘者にちなんでザロモン交響曲ザロモン・セットなどと呼ばれることがある。

ハイドンの最初のロンドン訪問中に書かれた第93番から第98番と、2回目のロンドン訪問にあたってウィーンおよびロンドンで書かれた第99番から第104番の2つのグループに大別できる。[1]

なお、交響曲第104番ニ長調『ロンドンを単独で「ロンドン交響曲」と呼ぶこともある。

ロンドン交響曲に含まれる交響曲[編集]

一部の交響曲に愛称が付与されているが、いずれもハイドン自身が名づけたものではないとされる。 第100番「軍隊」については、初演の新聞予告にすでに「軍隊交響曲」という呼び方が使われていたため、この曲を「軍隊」と名付けたのは、ハイドン自身ではないかという説もある。

注釈[編集]

  1. ^ Webster, James: ‘Haydn, Joseph’, Grove Music Online ed. L. Macy (Accessed 8 March 2008).