ヨハン・ペーター・ザーロモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハン・ペーター・ザーロモン

ヨハン・ペーター・ザーロモンJohann Peter Salomon 1745年2月20日受洗 - 1815年11月28日)は、ドイツ出身のヴァイオリニスト作曲家指揮者、音楽興行師。

ボンに生まれ、当地の宮廷楽団でヴァイオリンを演奏していたが、のちプロイセン王子ハインリヒの楽団でコンサートマスターを務める。1780年代初頭にロンドンへ移住し、作曲家として活動すると共に、弦楽四重奏団でヴァイオリンを弾いた。

しかし、今日もっとも広く知られているのは、音楽興行師としてのザーロモンであろう。1度目は1791年から1792年にかけて、2度目は1794年から1795年にかけて、ハイドンロンドンに招いたのは彼である。これら一連の旅でハイドンが作曲した第93番から第104番までの交響曲は、ザーロモン交響曲(別名ロンドン交響曲)の名で呼ばれることがある。これは彼がハイドンに依頼して作らせたためで、楽曲の権利もザーロモンが持つ。彼はこれらの交響曲を室内楽用に編曲してサロンなどで演奏した。また、モーツァルト交響曲第41番に『ジュピター』の名を与えた張本人とも考えられている。

ザーロモンはロンドンで落馬事故のため死去し、ウェストミンスター寺院回廊に葬られた。

作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの母レア・ザーロモンは親戚である。