交響曲第93番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第93番ニ長調 Hob.I:93は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1791年ロンドンで作曲した4楽章からなる交響曲で、ロンドン交響曲のうちの1曲である。演奏時間は約25分。

初演[編集]

1792年2月17日、ロンドンのハノーヴァー・スクエア・ルームズでの同年度の第1回ザーロモン演奏会にて行われた。

初演当時の新聞によると、ハイドンはチェンバロを弾きながら演奏をリードしたとある。しかし、既にチェンバロを必要としない書法が確立されているのでチェンバロがなくても演奏に支障はない。にもかかわらず初演時にチェンバロを使用したのは有名な作曲家であるハイドンをロンドンの聴衆に紹介するためであったと思われる。

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
フルート 2 ホルン 2 ティンパニ 第1ヴァイオリン
オーボエ 2 トランペット 2 第2ヴァイオリン
クラリネット ヴィオラ
ファゴット 2 チェロ
コントラバス

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 序奏部 Adagio ニ長調 3/4拍子 - 主部 Allegro assai
    ニ長調、3/4拍子。序奏付きのソナタ形式(提示部反復指定あり)。序奏部では後半、ニ短調へ転調する。
  • 第2楽章 Largo cantabile ト長調 2/2拍子
    自由な変奏曲。最初の主題は弦楽四重奏で奏でられる。(第1・第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ各1)
  • 第3楽章 Menuetto. Allegretto ニ長調 3/4拍子
  • 第4楽章 Finale. Presto ma non troppo ニ長調 2/4拍子
    展開部のない簡潔なソナタ形式。第1主題部は非常に長く、提示部の第1主題部だけで楽章全体の4割ほどに達している。展開部のない代わりに、展開的な要素のあるコデッタが配置されており、これは再現せずにコーダになる。

外部リンク[編集]