交響曲第36番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第36番変ホ長調 Hob.I:36は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。作曲年代は明らかでないが、エステルハージ家の副楽長時代(1761-1765年)の曲と考えられている。ホグウッドの交響曲全集では初期エステルハージ家時代(1761-1763年)とする[1]

もっとも特徴的なのは第2楽章で、独奏ヴァイオリンと独奏チェロによる二重協奏曲的な部分を持つ[2]

初期のハイドンの交響曲は特殊な楽章構成を持つものが多いが、本曲ははすでに通常のハイドンの楽章構成を持っている。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Vivace[編集]

34拍子。弦楽器によっておだやかに始まるが、途中でホルンのファンファーレ的な楽句が加わる。型どおり変ロ長調に転ずるが、途中で短調に変わる。展開部では新しい旋律が登場する。

第2楽章 Adagio[編集]

変ロ長調22拍子、ソナタ形式。弦楽器のみで演奏され、ユニゾンの全奏によるリピエーノ的な部分と、独奏ヴァイオリン・チェロによる二重奏部分が交替する。

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

メヌエット主部は明るいリズミカルな曲である。トリオは変ロ長調で、主に弦楽器によって演奏され、途中で短調に転ずる。

第4楽章 Allegro (Presto)[編集]

速度指定は筆写譜によって異なる[3]

24拍子、ソナタ形式。第1主題は上昇分散和音により、提示部後半は弦楽器のトレモロが中心になる。

脚注[編集]

  1. ^ デッカ・レコードによるハイドン交響曲全集第2巻、ウェブスターによる解説。1993年
  2. ^ 音楽之友社ミニスコア、ランドンによる序文
  3. ^ 音楽之友社ミニスコアによる

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集III(28-40番) OGT 1591』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]