交響曲第90番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第90番ハ長調 Hob.I:90は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1788年に完成させた交響曲。ハイドンの交響曲の古い分類方式にちなんで、まれに「R字」と呼ぶこともある。

概要[編集]

パリマルセーユの間の郵便事業を独占していたフランスのドーニ伯爵からの依頼で作曲されたが、ハイドンは1788年の1月に、エッティンゲン・ヴァラーシュタインのクラフト・エルンスト公から、誰も所有していない新作の交響曲を3曲手に入れたいといわれ、翌年に同じく第90番、第91番第92番までの3曲の楽譜をエルンスト公に売り渡してしまった。ハイドンが、なぜこのような二重販売を行なったのか未だに不明である。

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

この曲にも、ハイドンのユーモアが組み込まれており、第4楽章に偽休止が何度も挟まれている。この仕掛けは録音ではなかなかわかりにくいが、拍手入りの録音も市販されている。

構成[編集]

全4楽章で、演奏時間は約26分。

第1楽章 アダージョ-アレグロ・アッサイ(Adagio - Allegro assai)
  • 序奏と主要部による楽章。ハイドンが好んで使用した装飾音を持つ進行は、第1主題でそのまま使用している。主要部はソナタ形式による。
第2楽章 アンダンテ(Andante
  • 変奏曲形式による。緩徐楽章において変奏曲を置くことを好んでいたが、この楽章では短調の変奏をひとつ前に置いている。
第3楽章 メヌエット-トリオ(Menuetto - Trio)
  • テンポの指定は無く、トリオはメヌエットと関連する。フランス趣味に合うような優雅さと洗礼さを併せ持つ。
第4楽章 アレグロ・アッサイ(Allegro assai)
  • 自由なソナタ形式による楽章。ただし第1主題を重視したものであり、単一主題のソナタ形式となっている。結尾に入る直前に4小節の偽休止があるが、これは導入とハ長調から変ニ長調への転調のためにあるものである。

外部リンク[編集]