交響曲第49番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第49番ヘ短調 Hob.I:49は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1768年に作曲した交響曲。「受難」(イタリア語: La passione)の愛称で知られている。

いわゆるシュトゥルム・ウント・ドラング期に書かれた短調の交響曲のひとつである。

概要[編集]

自筆原稿から1768年に作曲されたことがわかっている。緩徐楽章から始まる教会ソナタ風の構成を持つハイドン最後の交響曲であり[1]、すべての楽章が同じヘ短調の調性を持つ[2]

「受難」の愛称があり、おそらく交響曲第26番と同様の受難交響曲であったとランドン[1]大宮真琴[3]は考えているが、古くは「陽気なクエーカー教徒」というまったく異なる題で呼ばれていることをエレーン・シスマンは指摘した[4]。ウェブスターは「受難」の題が真正のものではなく、また受難週復活祭と関連する証拠は何もないとして、むしろ劇の付随音楽に由来する可能性があるとしている[5]

楽器編成[編集]

  • 演奏時間:約20分 (楽譜の指定にある通り全部忠実に繰り返した場合の推定時間)

楽章構成[編集]

第1楽章 Adagio[編集]

34拍子、ソナタ形式

第2楽章 Allegro di molto[編集]

44拍子、ソナタ形式。提示部はヴァイオリンによる極端な跳躍音程の主題ではじまり、すぐに変イ長調に変わる。展開部は長調のまま開始する。曲の構造は比較的単純である。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

メヌエット主部の先頭3音は第1楽章の主題と同じである。トリオはヘ長調に変わる。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

22拍子、ソナタ形式。弦楽器が主体で、管楽器は和音を伸ばすのがほとんどだが、再現部の手前でオーボエが8小節にわたって主題を演奏するのが目立つ。

脚注[編集]

  1. ^ a b デッカ・レコードのドラティによるハイドン交響曲全集、ランドンによる解説
  2. ^ 緩徐楽章で開始するハイドンの交響曲では通常すべての楽章は同じ調を持つ(34番を除く)。
  3. ^ 大宮(1981) p.176
  4. ^ Sisman (1990) pp.332-333 によれば、「陽気なクエーカー教徒」は当時のウィーンで人気のあった芝居で、またの名を「若いインディアン娘」ともいい、エステルハーザと関連の深いカール・ヴァール一座の出し物でもあった。もともとイギリスの教訓話をフランスのシャンフォール(Nicolas Chamfort)が戯曲化したもので、原作ではイギリス人のインクルが命の恩人であるインディアン娘のヤリコに恋をするが、後に彼女を奴隷に売り飛ばす話。シャンフォールの劇ではハッピーエンドになっている。
  5. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第6巻のウェブスターによる解説、1994年

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集IV(41-49番) OGT 1592』 音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

外部リンク[編集]