交響曲第13番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第13番ニ長調 Hob.I:13は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1763年に作曲した交響曲である。4本のホルンとフルートを使用し、独奏楽器による協奏曲的な楽章が含まれる点で交響曲第31番「ホルン信号」と共通するが、規模はより小さく、ホルンが旋律を演奏することはまれである。

演奏時間は約20分[1]

概要[編集]

交響曲第12番、本曲、交響曲第40番の3曲は、自筆譜に記された日付から1763年に作曲されたことが判明している[2]

1763年の8-12月と1765年5月-1766年2月に、エステルハージ家に4人のホルン奏者がいた[3][4]。4本のホルンを使用する交響曲には本曲、31番39番72番の4曲があるが、いずれもこの時期に書かれたと考えられている(ただし第39番については議論あり)。

編成[編集]

当時のハイドンの習慣として、チェロ・コントラバス・ファゴットの独立したパートはなく、低音の楽譜を演奏したが、本曲では第2楽章に独奏チェロのための独立したパートがある。

ティンパニのパートはハイドン自身が書いたものではない。

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

44拍子、ソナタ形式。弦楽器によるアルペジオ風のフレーズがユニゾンで始まり、管楽器は厚い和音を伸ばす[5]。展開部では短調に転ずる。再現部では突然ホルンが主題を演奏する場所がある。

第2楽章 Adagio cantabile[編集]

ト長調44拍子、ソナタ形式。当時の他の多くの交響曲と同様に弦楽器のみで緩徐楽章は演奏される。独奏チェロがたっぷりした歌うようなメロディを演奏し、他の弦楽器は伴奏に徹する。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

メヌエット主部の主題は下降分散和音による。トリオはト長調に転じ、フルートと弦楽器のみによる。フルート独奏によって別のリズムをもつ分散和音ではじまる旋律が演奏される。

第4楽章 Finale: Allegro molto[編集]

44拍子、ソナタ形式。4つの音の動機に支配される。この動機は定旋律であり[5]、後のモーツァルトジュピター交響曲のフィナーレと同一である。この動機はさまざまな調で楽章全体で現れて、フーガ風な扱いを受ける。終わり近くでは弦楽器によってストレットのように演奏される。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコアによる
  2. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる序文
  3. ^ 大宮(1981) p.71
  4. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第4巻、ウェブスターによる解説、1990年
  5. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第3巻、ウェブスターによる解説、1993年

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集II(13-27番) OGT 1590』 音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1964年のもの)

外部リンク[編集]