交響曲第56番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第56番ハ長調 Hob.I:56は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1774年に作曲した交響曲

成立[編集]

交響曲第54番から交響曲第57番までの4曲は自筆原稿によって1774年に作曲されたことがわかっているが、そのうち第56番はトランペットとティンパニを含んでいる(第54番のトランペットとティンパニは後から追加されたもの)。エステルハージ家の楽団にはトランペット奏者は常設ではなかったが、1774年前後にハイドンは本作のほか交響曲第50番交響曲第60番(どちらもハ長調で、劇音楽の転用)、およびオペラ『突然の出会い』Hob.XXVIII:6にトランペットを使用している[1]

編成[編集]

ファゴットは第2楽章のみ独立した楽譜を持っており、それ以外の楽章では低音楽器としてチェロコントラバスと同じ楽譜を演奏する[1]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro di molto[編集]

34拍子。下降分散和音ではじまり、フェルマータの後に対照的な第2主題が現れる。再現部ではフェルマータの部分にティンパニのトレモロが加えられている。全体的にヴァイオリンのトレモロを多用する。

第2楽章 Adagio[編集]

ヘ長調24拍子、ソナタ形式。トランペットとティンパニは休みで、弱音器をつけたヴァイオリンによっておだやかな主題が演奏される。主題がオーボエに引きつがれた後、ファゴットの長いソロが続く。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

かなり長い曲で、トリオを除いた部分が小型のソナタ形式のような形をしている[1]。全楽器が1小節休んだ後に「再現部」が現れる。トリオはヘ長調の素朴な曲で、オーボエと弦楽器だけで演奏される。

第4楽章 Finale: Prestissimo[編集]

44拍子、ソナタ形式。三連符の連続による忙しい曲である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第8巻のウェブスターによる解説、1997年

外部リンク[編集]