交響曲第14番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第14番イ長調 Hob.I:14は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。ハイドン初期の交響曲のひとつで、1764年の筆写譜がゲットヴァイク修道院英語版にあるが[1]、正確な作曲年代は明らかでない。ランドンは1761年-1763年ごろの作曲かとした[2]。ウェブスターも独奏楽器が協奏曲的に扱われていることからエステルハージ家の副楽長時代の作品の可能性が高いとしている[3]

演奏時間は約16分[2]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

34拍子、ソナタ形式。第1主題はオクターブ下降から同音を連続させる。対照的に抒情的な第2主題はヴァイオリンだけで小さく始まる(第2ヴァイオリンは第1ヴァイオリンから1小節おくれる)。ごく短い展開部は第2主題による。

第2楽章 Andante[編集]

ニ長調24拍子、二部形式。当時のハイドンの他の多くの交響曲と同様、緩徐楽章は弦楽器のみによるが、ヴァイオリンによる旋律を独奏チェロがオクターブ下で重ね、ヴィオラと低音楽器がスタッカートの伴奏を演奏する。交響曲第16番の緩徐楽章に同じ形式が見られる[3]

第3楽章 Menuetto - Trio: Allegretto[編集]

メヌエット主部は8分音符を主体にしたなめらかな音楽で、後半のホルンの旋律が目立つ。

トリオはイ短調で、オーボエ独奏が旋律を演奏し、ヴァイオリンと低音楽器が伴奏する。

第4楽章 Finale: Allegro[編集]

68拍子、ソナタ形式。主題は第1ヴァイオリン単なる下降音階で、それを第2ヴァイオリンがシンコペーションのきいた音符で修飾するが、同じ主題が異なる高さで次々に出現し、フーガのように聞こえる。全体として非常に対位法的な音楽になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) 表p.4
  2. ^ a b 音楽之友社ミニスコア
  3. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第2巻、ウェブスターによる解説。1993年

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集II(13-27番) OGT 1590』音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1964年のもの)

外部リンク[編集]