交響曲第55番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第55番変ホ長調 Hob.I:55は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1774年に作曲した交響曲である。通称『校長先生』(ドイツ語: Der Schulmeister)。

概要[編集]

交響曲第54番から交響曲第57番までの4曲は自筆原稿から1774年の作曲であることがわかっている。この4曲の中にあって55番は比較的軽い曲である。

「校長先生」の通称はハイドンの関与するところではない。ハイドンの生前にはこの名前は存在せず、1840年のフックス目録に出現する。第2楽章の主題の規則正しいリズムが作品の通称の由来だといわれている[1]。なおハイドンが「校長先生」と呼んだ交響曲は別に存在し(現存せず)、またエルンスト・ルートヴィヒ・ゲルバー英語版の1810年代の著書では交響曲第43番にこの名前を与えている。あるいはハイドンに「校長先生」という曲があることを知っていた人がこの曲に通称を割り振ったのかもしれない[2]

あまり適切な名称ではないが、この名前のためにポピュラーになったことは否めない[3]

様式的には変奏曲を第2楽章と第4楽章に採用していることが特筆される。従来のハイドンの交響曲では緩徐楽章はソナタ形式が主で、変奏曲は珍しかったが、この曲以降は変奏曲が増える[2]

楽器編成[編集]

オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、弦楽五部

ファゴットの楽譜は第4楽章だけ独立しており、管楽五重奏になる部分にソロがある[2]。ほかの楽章では低音(チェロコントラバス)の楽譜を演奏する。

楽章構成[編集]

第1楽章 Allegro di molto[編集]

34拍子。主題は単純明快だが、展開部が長く、途中に偽の再現部が含まれる。ハイドンの交響曲にはしばしば偽の再現部が現れるが、この曲では「偽」の部分が長いために再現部が2つあるように聞こえる。

第2楽章 Adagio ma semplicemente[編集]

変ロ長調24拍子。主題と5つの変奏からなる変奏曲。主題は弱音器をつけたヴァイオリンによって演奏され、「semplice」と記されたスタッカートと付点つきのリズムを持つ部分と、「legato」と記された対照的になめらかで修飾の多い部分が交替する。第1変奏は主題そのままと見せて途中からフォルテで全奏が加わる。第2-4変奏は弦楽器のみにより、それぞれ異なるリズムを持つ。最終変奏で再び全部の楽器が使われる。

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

メヌエットは付点付き音符を多用している。対照的なトリオは2つのヴァイオリンチェロによる三重奏(文字通りのトリオ)になっている。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

24拍子、ロンド変奏曲を融合させたような形式。ハイドンらしいユーモアを効かせた主題に始まり、管楽五重奏の部分が続き、さらに中間部は変ト長調という異例の調を取るなど興味深い。

交響曲第42番の最終楽章によく似ている。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) p.178
  2. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第8巻のウェブスターによる解説、1997年
  3. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集V(50-57番) OGT 1593』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1963年のもの)

外部リンク[編集]