交響曲第71番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

交響曲第71番変ロ長調Hob.I:71は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1780年に作曲した交響曲

楽章構成[編集]

楽器編成はフルート1、オーボエ2、 ファゴット1、 ホルン2、弦五部

  1. アダージョ,4/4 - アレグロ・コン・ブリオ,3/4
  2. アダージョ ヘ長調,2/4
  3. メヌエット &トリオ,3/4
  4. フィナーレ: ヴィヴァーチェ,4/4

シュトゥルム・ウント・ドラングを連想させる暗い響きの弦楽合奏によるゆったりとした序奏の後、軽快優美な主題によるアレグロに移行する。この主部において、明快な主題の間に暗色の弦楽合奏の動機が割り込む。動機の推移には卓越した対位法が使われる。[1]

第2楽章は4つの変奏およびコーダである。第二変奏はフルートとファゴットの二重奏であり、第三変奏は16分音符の三連符が駆使される。最終変奏は各変奏の追想となるのが常であるが、ここでは楽想を発展させ、カデンツァのようなパッセージも盛り込んでいる。[1]

メヌエット楽章のトリオの部分ではバス部のピチカートを伴奏にした2挺の独奏部が用意されている。[1]

注記[編集]

  1. ^ a b c Brown, A. Peter, The Symphonic Repertoire (Volume 2). Indiana University Press (ISBN 025333487X), pp. 184-186 (2002).

参考文献[編集]

  • Haydn: Chronicle and Works, 5 vols, (Bloomington and London: Indiana University Press, 1976-) v. 2, Haydn at Eszterhaza, 1766-1790
  • Oxford Composer Companions: Haydn, ed. David Wyn Jones, Oxford University Press, 2002. ISBN 0-19-866216-5

外部リンク[編集]