交響曲第35番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第35番変ロ長調 Hob.I:35は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1767年に作曲した交響曲。祝祭的な明るい音楽である。

概要[編集]

この交響曲には1767年12月1日の日付を記した自筆楽譜が残っている。珍しく日付まで記しているのは、主君であるニコラウス・ヨーゼフ・エステルハージ侯爵の命名日(12月6日)を祝うために作曲されたためという推測がある[1]

編成[編集]

ホルンは高音のB管を使用し、甲高い音を響かせる。

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro di molto[編集]

34拍子、ソナタ形式。弦楽器のトレモロの後に出現する第2主題は第1主題の変形になっている。展開部の冒頭に9小節にわたる長いホルンの伸ばしがある。再現部のホルンの三連符が目立つ。

第2楽章 Andante[編集]

変ホ長調24拍子、ソナタ形式。弦楽器のみによる。提示部の後半は不思議なシンコペーションのリズムを持つ。再現部は低音楽器によって始められる。

第3楽章 Menuet: Un poco allegretto - Trio[編集]

メヌエット主部は3拍めに三連符を、1拍めにトリルを持つ。トリオは変ホ長調で、弦楽器のみにより、三連符の連続で旋律が形作られる。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

24拍子、ソナタ形式。3つの音符からなる上昇音階ではじまる軽快な音楽。最初の3音が曲の一番最後にも出現する。

脚注[編集]

  1. ^ Elaine Sisman (2012). “Fantasy island: Haydn's Metastasian "reform" opera”. Engaging Haydn: Culture, Context, and Criticism. Cambridge University Press. pp. 15-16注13. 

外部リンク[編集]