交響曲第37番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第37番ハ長調 Hob.I:37は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲

37番という進んだ番号が与えられているが、実際にはハイドンの交響曲の中でもっとも時代の早いものの1つで、チェコチェスキー・クルムロフで発見された筆写譜には1758年と記されている[1]。ウェブスターは、一般に作曲されてから第三者による筆写譜が出現するまでに1年ほどかかるため、1757年ごろの作曲としている[2]。おそらくボヘミアのルカヴィツェ(今のプルゼニ州の村)でモルツィン伯爵に仕えていたときの作品と考えられている[2]

後のハイドンの交響曲と同様に、両端の楽章が速い4つの楽章から構成されるが、内側の楽章は第2楽章がメヌエット、第3楽章が緩徐楽章になっている。これはやはり初期の交響曲である交響曲第15番交響曲第32番、および交響曲「B」(108番)と共通するが[2]、中期以降では交響曲第44番交響曲第68番にしか見られない。

編成[編集]

トランペットやティンパニは真正のものでないとされる[2]

曲の構成[編集]

第1楽章 Presto[編集]

24拍子、ソナタ形式。提示部の途中で突然ト短調に転調する。ごく短い展開部の後、提示部と大幅に異なる再現部が現れる。

第2楽章 Menuet - Trio[編集]

メヌエット主部は付点つきリズムを特徴とする。トリオはハ短調で、弦楽器のみにより演奏される。

第3楽章 Andante[編集]

ハ短調24拍子、ソナタ形式。弦楽器のみで演奏される。

第4楽章 Presto[編集]

38拍子。短いソナタ形式の曲。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) p.49,173,表3
  2. ^ a b c d デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第1巻のウェブスターによる解説、1993年

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集III(28-40番) OGT 1591』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]