交響曲第70番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Haydn: Symphony No.70 in D major, Hob.I:70 - Vashegyi György指揮Orfeo Orchestraによる演奏。Purcell Choir and Orfeo Orchestra公式YouTube。

交響曲第70番ニ長調 Hob.I:70は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの作曲した交響曲。ハイドン研究家として著名なH.C.ロビンス・ランドンが、「ハイドンの最も興味深い交響曲のひとつ」として挙げたことで知られる。

概要[編集]

1779年12月に、火災ののち再建されることになったエステルハージ宮殿英語版の劇場の定礎を記念して書かれた。対位法の大規模な使用が大きな特徴で、ランドンは「先人たちや同時代人たちの中にあって、ヘラクレスのように突出した作品」と形容している[1]

楽器編成[編集]

トランペットティンパニは後から加えられた。

編成表
木管 金管
フルート 1 ホルン 2 ティンパニ 第1ヴァイオリン
オーボエ 2 トランペット 2 第2ヴァイオリン
クラリネット 0 ヴィオラ
ファゴット 2 チェロ
コントラバス

構成[編集]

第1楽章 Vivace con brio
ニ長調、3/4拍子。ソナタ形式。祝祭的な雰囲気を持ち、ランドンは当初劇場用の序曲として書かれたものと推測している[1]
第1楽章冒頭
第2楽章 Andante. Specie d'un canone in contrapunto doppio
ニ短調、2/4拍子。二重変奏曲形式。「二重対位法によるカノンの一種」と名付けられており、二声で書かれた冒頭はのちに上下の声部が交換される。
第2楽章冒頭
第3楽章 Menuetto
Allegretto
ニ長調、3/4拍子。三部形式。ハイドンの交響曲のメヌエットには珍しくコーダを持っている[2]
第3楽章冒頭
第4楽章 Finale. Allegro con brio
ニ短調、2/2拍子。冒頭で同音連打が主題を予示し、その後「三つの主題を持ち、二重対位法による」(à 3 soggetti in contrapunto doppio)と記された技巧的なフーガが始まる。「真の力を持つ」フーガとランドンが評した[3]
第4楽章、第44小節

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Landon 1955, p. 371.
  2. ^ Hodgson, Anthony(1976). The Music of Joseph Haydn: The Symphonies. London. The Tantivy Press. p.100
  3. ^ Landon, H. C. Robbins (1966).Haydn Symphonies. Seattle. University of Washington Press. p.33

参考文献[編集]

  • Ennis, Martin (2015). Joseph Haydn, Symphonies Nos. 31, 70 & 101 (PDF) (CD). Linn Records. LC11615. 2017-04-19閲覧. 
  • Landon, H. C. Robbins (1955). The Symphonies of Joseph Haydn. Universal Edition & Rockliff. 

外部リンク[編集]