交響曲第62番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第62番ニ長調 Hob.I:94は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1780年に作曲した4楽章からなる交響曲

概要[編集]

ウェブスター(James Webster)によると、1780年12月のハイドンの手紙に記されている「2つの新しい交響曲」というのがこの曲と交響曲第74番のことであり、1780年の終わりごろに書かれたことがわかるという[1]。1781年のクリスマスにフンメル(有名な作曲家とは無関係)によってハイドンの作品18として出版された6曲の交響曲の中に含まれている。

第1楽章には1777年に作曲されたニ長調の序曲(Hob.Ia:7)を再構成して用いている。この曲はすでに交響曲第53番初版の最終楽章(プレスト)にも用いられていたが、1780年ごろに53番の最終楽章は新しいもの(カプリッチョ)に変えられ、62番の第1楽章に再転用された。このためにハイドンはフルートのパートを書き足している[2]。通常の交響曲と異なり、すべての楽章が同じ調で書かれている。ハイドンはこのころ過去の作品を利用していくつかのパスティッチョ交響曲を書いたが、62番もパスティッチョと呼ばれることがある[1][2][3]

演奏時間は約21分。

編成[編集]

フルートオーボエ2、ホルン2、ファゴット2、弦5部

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro[編集]

2/2拍子(アラ・ブレーヴェ)。主題は下降分散和音ではじまる。

第2楽章 Allegretto[編集]

6/8拍子、ソナタ形式。通常ハイドンの交響曲は緩徐楽章の調性がほかの楽章と異なるが、この曲は例外的にニ長調のままである。弱音器をつけたヴァイオリンによって軽やかな主題が演奏され、途中からフルートが加わる。展開部ではヘ長調に変わる。

第3楽章 Menuet - Trio. Allegretto[編集]

かなり素朴な音楽である。トリオではト長調に変わり、ファゴットのソロと弦楽器によってシンコペーションのきいた曲が演奏される。同様のリズムは後に交響曲第92番のトリオでも使われている[1]

第4楽章 Presto[編集]

4/4拍子、ソナタ形式。主題は最初の6小節にわたって短3度音程を重ねた調性のはっきりしない楽句にはじまり、それからようやくニ長調らしくなる。途中でモーツァルトリンツ交響曲第1楽章を思わせるパッセージが現れる。ロンバルド・リズム英語版(16分音符+付点8分音符)の使用も特徴的である。再現部では主題の冒頭がチェロに現れる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第10巻の解説、2000年
  2. ^ a b 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説
  3. ^ 大宮(1981) p.180

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VI(58-65番) OGT 1594』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)

外部リンク[編集]