交響曲第19番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第19番ニ長調 Hob.I:19は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。初期の作品だが、自筆原稿などは残っておらず、正確な作曲時期は不明である。様式上からはボヘミアのモルツィン伯爵に仕えていた時代(1757年-1760年)の曲に近いという[1]。初期ハイドンの交響曲にしばしば見られる、メヌエットを欠いた3楽章形式の曲である。

演奏時間は約12分[2]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

34拍子、ソナタ形式。第1主題は上昇分散和音により、所々にホルンによる軍楽風の音型が挿入される。

第2楽章 Andante[編集]

ニ短調24拍子、ソナタ形式。この時期のハイドンの他の緩徐楽章と同様、弦楽器のみで演奏される。途中、ヘ長調に転調した後のシンコペーションの連続が目立ち、同じ音型は展開部でも繰り返される。全57小節の小曲である。

第3楽章 Presto[編集]

38拍子、ソナタ形式。

脚注[編集]

  1. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第2巻、ウェブスターによる解説、1993年
  2. ^ 音楽之友社ミニスコアによる

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集II(13-27番) OGT 1590』音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1964年のもの)

外部リンク[編集]