交響曲第51番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第51番変ロ長調 Hob.I:51は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲である。ランドン交響曲第52番と同じ1771年から1773年ごろの作品とする[1]。ウェブスター(James Webster)によると第52番よりもかなり遅い1773年ごろの作品である[2]

編成[編集]

ファゴットは低音(チェロコントラバス)と同じ楽譜を使用する。

曲の構成[編集]

第1楽章 Vivace[編集]

34拍子。ユニゾンでさわやかに始まるが、ホルンの奇妙な音型が印象的である。70小節めに同じ和音を伸ばしながら小さくなっていく(楽譜上にcalandoと指定されている)冗談音楽風の箇所がある。同様の趣向は交響曲第60番にも見られる。提示部のオーボエによる終結楽句を展開部はそのまま引き継いで始まった後、変ホ長調で偽の再現部が出現する。本物の再現部は最初の4小節が欠けて始まる。

第2楽章 Adagio[編集]

変ホ長調24拍子、ソナタ形式。ナチュラルホルンの時代には珍しいホルン独奏ではじまるが、第1ホルンによる極端な高音(A♭5に達する)と第2ホルンによる極端な低音(自然倍音以外の音)を使用している。主題はオーボエ独奏に引き継がれる。

第3楽章 Menuetto - Trio I - Trio II[編集]

トリオが2つあるのはハイドンの交響曲では他に例がない。第1トリオが後から付加された可能性もある[3]

第1トリオは弦楽器のみで演奏され、ロンバルド・リズム英語版を持つ。第2トリオではふたたびホルンの名人芸が見られ、最高音はB♭5に達する。

第4楽章 Finale: Allegro[編集]

34拍子。ロンド形式だが、ウェブスターは変奏曲とロンドを融合させた形式とする[2]

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説
  2. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第7巻のウェブスターによる解説、1996年
  3. ^ 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年、177頁。ISBN 4276220025

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集V(50-57番) OGT 1593』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1963年のもの)

外部リンク[編集]