交響曲第89番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第89番ヘ長調 Hob.I:89は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1787年に完成させた交響曲

ロンドンのフォースターから出版されたハイドンの交響曲選集第2集(23曲)では各曲にA-Wの番号がつけられていたが、第88番がV字、第89番にはW字がつけられていた[1]

概要[編集]

この交響曲は自筆原稿が残っており、1787年の日付が記されている[2]交響曲第88番とともに、ヨハン・トストのために作曲されたが、第88番の知名度に比較すると、楽器編成も楽曲規模も小さな第89番は演奏されることが少ない。

ランドンはこの交響曲を評して、「活力に富んだ第88番と相並んで位置している第89番は、第一印象としてはむしろ迫力を欠いたものとうつる。(中略)控え目かつ冷静であって、また非のうちどころのない形式構造をもっており、言ってみれば同時代のドイツの、完全な形をもつ陶器の小彫像に似ている。」と言っている[2]

第2楽章と第4楽章は、前年の1786年にナポリ王のために作曲したリラ協奏曲 ヘ長調(Hob.VIIh:5)の第2楽章と第3楽章を自由に転用したものになっているが、リラの箇所をフルートとオーボエに置き換えており、このために管楽器の音色の美しい箇所が多い。

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、弦楽五部

楽章構成[編集]

標準的な4楽章制による。演奏時間は約23分[3]

第1楽章 Vivace[編集]

44拍子、ソナタ形式。第88番とは異なって序奏は置かれない。フォルテによる二小節の分散和音に続いて第1主題が出現する。曲の途中で同じリズム(ベートーヴェンの交響曲第5番の第1主題と同じもの)が18回くり返し現れ、先に進まないように聞こえる箇所がある(同じリズムは展開部や再現部でも強調される)。親しみやすい第2主題が現れるとまもなく提示部は終わる。展開部は提示部の各楽句がほぼ登場順に展開していく。再現部はやはり分散和音ではじまるが、そこからフルートとファゴットの9小節にわたる二重奏になり、しばらく提示部とは大きく異なる進行になる。最後に20小節ほどのコーダが設けられる。

なお冒頭2小節は童謡『証城寺の狸囃子』(作曲:中山晋平)の出だしと同じである。

第2楽章 Andante con Moto[編集]

ハ長調68拍子、三部形式。ヴァイオリンとフルートでシチリアーナのリズムを持つ主題が出現した後、弦楽器のピッツィカートの上を管楽合奏が呼応する。柔らかい抒情性を醸し出しているが、時折激しさも見せる。なお3部形式ではあるものの変奏曲に近く、中間部では短調で第1部の変奏のように構成されている。ここでは最後に結尾が付く。

第3楽章 Menuetto - Trio. Allegretto[編集]

メヌエット主部は管楽合奏のみで開始する田園風の音楽である。トリオは素朴なレントラー風である。

第4楽章 Finale. Vivace assai[編集]

24拍子、ロンド形式。民謡風の音楽で、形式は「A-B-A-C-A」と単純なものとなっている。第2楽章と同様にリラ協奏曲に由来するが、原曲にはないヘ短調の部分(C)がつけ加えられている[2]。Aの部分の終わり近く、フルートとヴァイオリンが長く音を伸ばしたあと、主題に戻る場所に「strascinando」という音を伸ばすしるしがついている。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) pp.182-183
  2. ^ a b c 音楽之友社ミニスコア、ランドンによる序文
  3. ^ 音楽之友社ミニスコアによる

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集X(88-92番, Concertante) OGT 1598』 音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]