交響曲第68番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第68番変ロ長調 Hob.I:68は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。作曲年代は明らかでないが、1774年ごろと考えられている。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Vivace[編集]

34拍子のさわやかな主題にはじまる。

第2楽章 Menuetto - Trio[編集]

ハイドンの交響曲でメヌエットを第2楽章に置くのはこの曲が最後である。トリオでは第3拍に強いアクセントの置かれた特殊な音型が出現する。

第3楽章 Adagio cantabile[編集]

変ホ長調、ソナタ形式弱音器をつけたヴァイオリンにより、十六分音符の連続の伴奏に乗って旋律が演奏されるが、途中で突然全奏によって4つの十六分音符だけが強調される。

第4楽章 Finale (Presto)[編集]

ロンド形式の高速な楽章。最初の挿入エピソードはファゴットによる武骨な旋律、2番目のエピソードはオーボエによるなめらかな旋律、3番目のエピソードは低音楽器による短調の旋律が演奏される。最後の全奏の手前に独奏楽器による「こだま」の模倣がある。

外部リンク[編集]