交響曲第12番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第12番ホ長調 Hob.I:12は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1763年に作曲した交響曲。ホ長調の交響曲は珍しく、ハイドンの交響曲の中では本曲以外には交響曲第29番のみである[1]

本曲、交響曲第13番交響曲第40番の3曲は、自筆譜に記された日付から1763年に作曲されたことが判明している[1]

初期の交響曲に多い急-緩-急の3楽章形式を持つ。作曲年のわかっている交響曲のうち、メヌエットがないのはこの曲で最後である(交響曲第26番交響曲第30番も3楽章だが、メヌエットで終わる)。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro[編集]

22拍子、ソナタ形式。弦楽器によるおだやかな主題にはじまる。

第2楽章 Adagio[編集]

ホ短調68拍子、ソナタ形式。当時のハイドンの他の交響曲と同様、緩徐楽章は弦楽器のみによって演奏される。シチリアーナ風のリズムを持つ旋律が第1ヴァイオリンに出現するが、途中でフォルテのユニゾンによってしばしば中断される。提示部は途中でロ短調に転調するが、これはハイドンの普通のやり方(長調になる)とは異なっている[1]

第3楽章 Finale: Presto[編集]

24拍子、ソナタ形式。主題は上昇分散和音による。

脚注[編集]

  1. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第3巻、ウェブスターによる解説、1993年

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集I(1-12番, "A", "B") OGT 1589』音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]