交響曲第22番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第22番変ホ長調Hob.I:22は、ヨーゼフ・ハイドン1764年に作曲した交響曲。『哲学者』(: Der Philosoph)の愛称で知られる。オーボエのかわりに2本のコーラングレが使われているところに大きな特徴があり、その特殊な音色は特に第1楽章で大きな効果が発揮されている。

概要[編集]

交響曲第21番から24番までの4曲は自筆楽譜から1764年の作曲であることが知られる[1]。4曲の中で本曲は楽章構成も使用楽器も最も特殊である。

アダージョではじまる教会ソナタ風の構成を取り、すべての曲が変ホ長調で変化しない。主に初期の交響曲において緩徐楽章が最初に来るものがいくつかある(5番11番18番21番、22番、34番49番)。

19世紀はじめのハイドン伝の作者であるグリージンガーやディースがハイドン本人から聞いた話として伝えるところによると、ハイドンのある古い交響曲のアダージョが、行いを改めようとしない罪人と神の対話を主題にしているという。ランドンはこの交響曲の第1楽章のホルンとコーラングレの対話がそれにあたるという推測を述べた[2]。しかし、ほかのハイドン学者はこの説を必ずしも認めておらず、エレーン・シスマンはこの話が交響曲第26番のこととする異説を述べている[3]

「哲学者」の愛称はハイドンがつけたわけではないが、モデナのエステンセ図書館が所蔵する1790年ごろの筆写譜にこの名称を記したものが見られる[4][5]。由来は不明であるが、第1楽章の深く思索するような曲想から付けられたのかもしれない。

ハイドンとコーラングレ[編集]

コーラングレは1720年ごろに発明され、18世紀後半のウィーンで何人かの作曲家によって使われた。管弦楽にコーラングレを加えた現存最古の楽譜はヨンメッリによるもので、オペラ『エツィオ』を1749年にウィーンで公演するときにコーラングレを加えている。グルックは1755年の『踊り』(La danza)以来コーラングレを使い、『オルフェオとエウリディーチェ』のウィーン版(1762年)でも使われている。ほかにボンノ英語版ハッセシュタルツァー英語版らのウィーンで活躍した作曲家やミヒャエル・ハイドンもコーラングレを使用した[6]

ハイドンもコーラングレを使った初期の作曲家のひとりである。交響曲での使用は本曲のみだが、ほかに1760年代のディヴェルティメント、1767年の『スターバト・マーテル』(Hob.XXbis)、『トビアの帰還』(Hob.XXI:1)、『大オルガン・ミサ』(Hob.XXII:4)などにコーラングレを使用している[7]。なお現在と異なり、コーラングレは2本組み合わせて使用された。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio[編集]

44拍子、ソナタ形式弱音器をつけた弦の、ユニゾンで足取りを刻むような伴奏の上に、ホルンとコーラングレがフォルテッシモで交互に息の長い瞑想的な旋律を歌う。展開部は弦によって対位法的に展開されながら、管楽器が主題の断片を様々な調で出す。

第2楽章 Presto[編集]

44拍子、ソナタ形式。弦によるせわしない音型で進行する。管楽器は合いの手を入れる。

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

メヌエット主部は弦楽器を主体としたごく単純な音楽である。トリオは管楽器が旋律を演奏し、ホルンとコーラングレを重ねた独特の音色に特徴がある。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

68拍子、ソナタ形式。狩りを思わせる快活な楽章。中音域に集中した和音の響きに特徴がある。

編曲[編集]

出版された楽譜には、コーラングレのパートをフルートに置きかえたものがある。また、1773年にパリのVenier社から出版された楽譜では、やはりコーラングレのパートをフルートに変えた上で、本来の第2・第4楽章を先頭・最終楽章に置き、第2楽章として新しいアンダンテ・グラツィオーソの緩徐楽章を追加して3楽章にしていた。これらの編曲はおそらくハイドンによるものではない[8]

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる序文
  2. ^ Sisman (1990) p.331
  3. ^ Sisman (1990) p.337
  4. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第4巻の解説。1990年
  5. ^ Chandos の CD (Haydn: Three Symphonies Vol.1: CHAN 8505)の解説、1987年
  6. ^ Grove Music Online の Oboe の項
  7. ^ 大宮(1981) p.175
  8. ^ 音楽之友社のミニスコアには編曲版の楽譜が附属している

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集II(13-27番) OGT 1590』音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1964年のもの)
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

外部リンク[編集]