交響曲第45番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第45番嬰ヘ短調 Hob.I:45は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1772年に作曲した交響曲。いわゆる「シュトゥルム・ウント・ドラング期」の交響曲の中ではよく知られている作品の1つであるばかりでなく、ハイドンの交響曲全体の中でももっとも人気のある作品のひとつである。「告別交響曲」(Abschiedssinfonie)という愛称で有名。定式通りに4つの楽章で作曲されているが、最終楽章のあとのアダージョ部分は実質的に第5楽章に相当する。

所要時間は約25分。

逸話[編集]

「告別」の名はハイドンの自筆譜には見えず、他の18世紀の資料にも見えないが、19世紀はじめから広く使われた[1]

19世紀はじめのハイドン伝の作家であるグリージンガー(Georg August Griesinger)やディース(Albert Christoph Dies)の伝える逸話によると、エステルハージ家の夏の離宮エステルハーザでの滞在期間が予想以上に長びいたため、たいていの楽団員がアイゼンシュタットの妻の元に帰りたがっていた。このためハイドンは、終楽章で巧みにエステルハージ侯に楽団員の帰宅を認めるように訴えた。終楽章後半の「アダージョ」で、演奏者は1人ずつ演奏をやめ、ロウソクの火を吹き消して交互に立ち去って行き、最後に左手に、2人の弱音器をつけたヴァイオリン奏者(ハイドン自身と、コンサートマスターのアロイス・ルイジ・トマジーニ(Luigi Tomasini))のみが取り残される。エステルハージ侯は、明らかにメッセージを汲み取り、初演の翌日に宮廷はアイゼンシュタットに戻された[2]

概要[編集]

本曲、交響曲第46番交響曲第47番はいずれも自筆譜によって1772年の作曲であることが判明している。上記の逸話から1772年秋に作曲されたことが明らかである。

この曲は嬰ヘ短調という18世紀の交響曲にはほかに見ない調性で書かれており[1]、第3楽章と終曲部分ではさらに嬰ヘ長調(嬰音記号が6つ)になる。有名な最終楽章を除いても、第1楽章の激しいリズムや展開部に突然出現する新しい主題、第2楽章の半音階的な進行など、本曲には創意があふれている。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ファゴットホルン2、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス

両端楽章のホルンは1本がA管、もう1本がE管を使用する[3]。長調の第2楽章では2本のA管を、第3楽章では2本のFis管を使用している。ハイドンは本曲と、同じく特殊な調性で書かれた46番の2曲のためにホルン用の替え管を特注し、ハイドン自身による1772年10月22日づけのホルン製造会社あての支払い書が残されている[1]

古今を通じてもFis管のホルンというものの使用例はほとんど見られない(ビゼーの「アルルの女」第二組曲第一曲目の「パストラール」では同様のFis管ホルンの希少な実例を見ることが出来る)。

最終楽章のアダージョ部分では各楽団員のために楽譜が12段に分けて書かれ、2人のオーボエ、2人のホルンのパートがそれぞれ独立しているほか、ヴァイオリンは4パートに分かれ、通常は低音楽器としてひとまとめに書かれるチェロ・ファゴット・ヴィオローネ(コントラバス)のパートが分けて書かれている。

本曲が書かれた時期のエステルハージ家の楽団は総勢12-13人であり、上記の楽譜はほぼ1パート1人だった[4]

かつてハイドンの後期以外の交響曲はチェンバロ通奏低音つきで演奏されることが多かったが、最近のハイドン学者はハイドンの交響曲にチェンバロ奏者はいなかったと考えるようになってきている。その根拠のひとつとして、本曲の最終楽章アダージョで舞台から去る各楽器には独奏パッセージが与えられているにもかかわらずチェンバロ用の楽譜がないこと、ハイドン本人は最後までヴァイオリンを弾いていたと伝えられることからハイドンがチェンバロを弾くことはできなかったと考えられ、ほかにエステルハージ家にはチェンバロ奏者は雇われていなかったことがあげられる[5]ホグウッドのハイドン交響曲全集ではじめてハイドン学者の意見が取り入れられてチェンバロが追放された[4]

楽曲構成[編集]

第1楽章 Allegro assai [編集]

第1楽章は、当時としては異例な嬰ヘ短調を用いて、切迫した状況が表現されている。この始まり方は、シュトゥルム・ウント・ドラング期のハイドンには典型的な手法によっており、第1ヴァイオリンによる下降分散和音が、第2ヴァイオリンによるシンコペーションや、管楽器和音のタイに伴奏されている。おおむねソナタ形式として説明することができるが、多くの点で標準的なソナタ形式とは違っている。たとえば再現部の寸前で、ニ長調で新たな素材が導入され、さしずめこれが、通常のソナタ形式の第2主題のような役割を果たしている。

第2楽章 Adagio[編集]

緩やかな第2楽章はイ長調、やはりソナタ形式による。弱音器をつけたヴァイオリンが奏でるくつろいだ旋律によって始まるが、「しゃっくり」のような動機の反復が目立っている。雰囲気は、長調と短調との交替によって、だんだんと厳粛に、瞑想的になっていき、シューベルトの後期作品に数多く見られるパッセージを連想させる。その後に、小節線をまたがって上昇を続ける一連の不協和音が続く。これは再現部において、ハイドンとしては異例の長さの楽段に発展する。

第3楽章 Menuet - Trio: Allegretto[編集]

第3楽章のメヌエットは、嬰ヘ長調による。トリオはホルンではじまり、途中で短調の部分を経る。

各部分の結びのカデンツは第3拍にあるためきわめて弱く、不満足な感じをもたらしている。曲はピアニッシモで終わる。

第4楽章 Finale: Presto - Adagio[編集]

終楽章は、いかにもハイドンらしく、急速なテンポのフィナーレとして始まる。嬰ヘ短調でソナタ形式による。第1ヴァイオリンにバリオラージュ奏法が利用されると、一挙にリズムが激しさを増す。ついに再現部の終わりにたどり着くと、いかにも交響曲そのものが終わったかのように鳴り響くが、突然に属和音が割って入る。

その後に来るのは、実質的に第2の緩徐楽章というべき部分である。これは古典派の交響曲ではきわめて異例のことであり、おそらくエステルハージ侯にも、非常に耳新しく響いたに違いない。この部分は3/8拍子によって書かれ、イ長調から嬰ヘ長調に転調する間に、演奏者が持ち場を離れていくのである。わざと尻すぼみのように作曲された終結部は、ミュートをつけたきわめて柔らかなピアニッシモによって演奏される。

退席する直前に演奏家は短いソロのパッセージが与えられているが、それが目立たないパートもある。退席の順序は次のとおり。第1オーボエと第2ホルン、ファゴット、第2オーボエと第1ホルン、コントラバス、チェロ、第二ヴァイオリン(楽譜上では第3・第4ヴァイオリン)、ヴィオラ。第一ヴァイオリンの2人の独奏者は最後まで演奏する。

その他[編集]

本作は早くから有名になり、交響曲第60番交響曲第85番の中でハイドンは自己パロディを行っている。

アルフレート・シュニトケの2台のヴァイオリンと11人の弦楽器奏者による『Moz-Art à la Haydn』(1977)はこの交響曲に影響を受けた曲で、真っ暗な中を演奏者が演奏しながら舞台に上がっていく。曲の終わりではひとりずつ演奏しながら舞台から去っていき、ふたたび舞台は暗くなる[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第7巻、ウェブスターによる解説。1996年
  2. ^ 大宮(1981) pp.89-91
  3. ^ 当時のナチュラルホルンでは短調の音階が演奏できなかったため、異なる管長のホルンを組み合わせることが行われた。交響曲第39番を参照。
  4. ^ a b 大崎(1993) pp.29-31
  5. ^ James Webster (1993) The Symphonies of Joseph Haydn(ホグウッドによるハイドン交響曲全集第1巻に収める)
  6. ^ Alfred Schnittke: Moz-Art à la Haydn, for 2 violins & 11 strings, AllMusic, https://www.allmusic.com/composition/moz-art-%C3%A0-la-haydn-for-2-violins-11-strings-mc0002389209 

参考文献[編集]

  • 大崎滋生『音楽演奏の社会史』東京書籍、1993年。ISBN 4487791049
  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集IV(41-49番) OGT 1592』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)

外部リンク[編集]