トレヴァー・ピノック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トレヴァー・デイヴィッド・ピノック(Trevor David Pinnock, 1946年12月16日)は、イギリスカンタベリー生まれの指揮者チェンバロオルガン奏者。少年時代はカンタベリー大聖堂聖歌隊員を務め、またピアノオルガンを学んだ。その後、ロンドン王立音楽大学でラルフ・ドーンズ、ミリセント・シルヴァに師事して、チェンバロとオルガンを修めた。学生時代にガリヤード・トリオを結成して活動を始め、アカデミー室内管弦楽団などで演奏する。

トレヴァー・ピノック(2006年)

1973年にオリジナル楽器の楽団イングリッシュ・コンサートを設立、指揮、独奏の双方で活発な演奏活動、アルヒーフへの録音を行い、名声を得る。彼の主だったレパートリーはバッハ一族 、ヴィヴァルディヘンデルハイドンモーツァルト、またチェンバロ奏者として小澤征爾ボストン交響楽団プーランクのチェンバロ協奏曲「田園のコンセール」を演奏している。

他のオーケストラへの客演も活発に行っている。チェンバロ奏者として、ソロ、レイチェル・ポッジャージャン=ピエール・ランパルらとの共演でも優れた演奏を残している。

2003年にイングリッシュ・コンサートの音楽監督をヴァイオリン奏者のアンドルー・マンゼに譲って、ピノック自身は退団した。