交響曲第75番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第75番ニ長調 Hob.I:75は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。1779年ごろに作曲された。

編成[編集]

トランペットとティンパニは後から追加された[1]

曲の構成[編集]

第1楽章 Grave - Presto

荘重な前奏に続いて、軽快な第1主題が出現する。展開部は短調ではじまり、かなり劇的な展開を見せる。再現部は提示部とはまるで異なっている。

第2楽章 Andante con variazioni

ト長調、主題と4つの変奏。ランドンによると、一種の賛歌を旋律に使っている[1]弱音器をつけたヴァイオリンによって主題と第1変奏が演奏される。第2変奏ではじめて管楽器が登場してリズムを刻む。第3変奏はヴァイオリン2本とチェロによるコンチェルティーノを持ち、とくに独奏チェロが大活躍する。第4変奏は再び全奏になり、静かに曲を終える。

第3楽章 Menuetto (Allegretto) - Trio

第4楽章 Finale (Vivace)

ロンド形式の軽快な音楽。

演奏時間は約24分。

脚注[編集]

  1. ^ a b 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説による

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集VIII(74-81番) OGT 1596』 音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1966年のもの)

外部リンク[編集]