交響曲第10番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第10番ニ長調 Hob.I:10は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。初期の交響曲のひとつであり、自筆楽譜が残っていないために正確な作曲年は不明だが、フュルンベルク・コレクションに信頼性の高い筆写譜が残っていることから、エステルハージ家以前、ボヘミアのモルツィン伯爵に仕えていた時期(1757年-1760年ごろ)の作品と考えられる[1]

初期の交響曲に多い急-緩-急の3楽章形式を持つ。第2楽章が弦楽器のみで演奏され、最終楽章は38拍子で三部形式を取るのも交響曲第1番などと同様の初期の典型的な作風である。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro[編集]

44拍子、ソナタ形式。第1主題はフォルテの和音の全奏による。対照的になめらかな第2主題はヴァイオリンによって演奏される。

第2楽章 Andante[編集]

ト長調24拍子、ソナタ形式。初期ハイドンの多くの交響曲と同様、緩徐楽章は弦楽器のみによる。

第3楽章 Finale: Presto[編集]

38拍子。A-B-Aの三部形式だが、ソナタ形式の展開部をBに変えた形をしている。Aの部分は3拍めに三連符が来る華やかな音楽であり、ソナタ形式と同様、ニ長調ではじまってイ長調に転ずる。Bは前後に分かれ、前半はニ長調、後半は弦楽器のみでニ短調に転ずる。戻ってきたAはニ長調のまま終わる。

脚注[編集]

  1. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第1巻、ウェブスターによる解説。1993年

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集I(1-12番, "A", "B") OGT 1589』音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]