リリー・クラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いクラウス・リリと表記することもあります。

リリー・クラウスLili Kraus, 1903年[1]4月3日 - 1986年11月6日)は、ハンガリーブダペスト出身のユダヤ系ピアニスト。[2]

17歳でブダペスト音楽院に進み、アルトゥール・シュナーベルコダーイ・ゾルターンバルトーク・ベーラらに師事。1930年代ウィーン音楽院にてアルトゥル・シュナーベルに師事し集中的に古典派音楽にとりくむ傍ら、エドゥアルト・シュトイアーマンの許で研鑚を重ねる。

間もなくモーツァルトベートーヴェンの専門家として名を揚げるとともに、初期からヴァイオリン奏者のシモン・ゴールドベルクと共演して室内楽の演奏・録音を行い、国際的な称賛を勝ち得る。1930年代欧州南アフリカ豪州日本に演奏旅行に出る。1942年アジア遠征に乗り出すが、ジャワ滞在中に家族とともに日本軍によって、第二次世界大戦終結まで軟禁(保護)された。

戦後に解放されると、イギリス国籍を取得して演奏活動を再開。1967年から1983年まで米国で積極的な演奏旅行を行うとともに、日本にもたびたび訪れ、積極的に演奏活動を展開。最終的に米国に定住し、フォートワースのテキサス州キリスト教大学の常任芸術家に選ばれた。ノースカロライナ州アッシュヴィルにて永眠。

脚注[編集]

  1. ^ Steve Roberson Lili Kraus : Hungarian pianist, Texas teacher, personality estraordinaire, TCU Press, 2000, p.58.
  2. ^ [1]