エーリヒ・ラインスドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エーリヒ・ラインスドルフErich Leinsdorf 1912年2月4日 - 1993年9月11日)はオーストリア出身で、後にアメリカに帰化した指揮者である[1]。アメリカやヨーロッパを渡り歩いて一流のオーケストラや歌劇団を指揮し、演奏に求める水準の高さとともにその辛辣な人柄で有名になった[2]。音楽に関する著書やエッセーもある。

経歴[編集]

ラインスドルフはウィーンのユダヤ人家庭に生まれ、5歳から地元の学校で音楽を学び始めた。父はアマチュアのピアニストだった[3]ザルツブルクモーツァルテウムで指揮法を学び、その後はウィーン大学ウィーン国立音楽大学でチェロとピアノを学んだ[4]

1934年から1937年までザルツブルク音楽祭で著名な指揮者であったブルーノ・ワルターアルトゥーロ・トスカニーニの助手を務める。1936年にはイタリアのボローニャで歌劇を指揮している。1937年にアメリカのメトロポリタン歌劇場ワルキューレを指揮[3]。その後はフランス、イタリアなどで活動する[3]

1937年11月、ラインスドルフはアメリカに向かい、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で副指揮者の地位を得た。オーストリアがナチス・ドイツに占領されるのは、彼が祖国を発ってわずか数ヶ月後のことであった。当時新人の上院議員であった(そして後の大統領である)リンドン・ジョンソンの支援をうけてラインスドルフはアメリカに留まることが可能になり、また1942年にはアメリカ市民権をえて帰化することができた[1]

1938年からニューヨーク市のメトロポリタン歌劇場で常任指揮者を務め、とりわけリヒャルト・ワーグナーの解釈で名声を博す。メトロポリタン時代はとりわけ彼の指揮するワーグナーに注目が集まった。1939年アルトゥル・ボダンツキーが突然の死を迎えると、ラインスドルフはメトロポリタン歌劇場のドイツ物レパートリーの責任者となった[5][1][6]

1943年には3年契約でクリーヴランド管弦楽団音楽監督の地位を得たが、実際にはほとんど在職期間がなかった。第二次世界大戦のためにアメリカ軍に徴兵されてしまい、契約も更新されなかったからだ。1982年から1984年にかけてクリーヴランド管弦楽団の音楽監督がロリン・マゼールからクリストフ・フォン・ドホナーニへと移行していた時期に、ラインスドルフは何度か同楽団でコンサートを指揮したことがある。彼の言葉を借りればラインスドルフは「政権交代の橋渡し」役だった[6]

1947年から1955年の間、ニューヨーク州ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督[5]を務めた。しかしそこで出会ったものはロチェスター市民の偏狭な音楽理解であり、それは彼を絶望させることになる。ラインスドルフの「ロチェスターは世界一小奇麗な行き止まりだ!(Rochester is the best disguised dead end in the world!)」という言葉は有名である。短い期間ではあるがニューヨーク・シティ・オペラ英語版の音楽監督を務めたのち、再びメトロポリタン歌劇団と提携を結んでいる[1]1962年には高名なボストン交響楽団の音楽監督に就任した。ボストンではもっぱらRCAレコードと組んでレコーティングすることが多かったが、演奏家や管理者と揉めることもしょっちゅうであった[2]

一度ならずラインスドルフの指揮は歴史的事件の影響を受けている。1963年11月22日ボストン交響楽団の公演中にラインスドルフは演奏を中断して、ダラスでのケネディ大統領暗殺というショッキングなニュースを聴衆に知らせるとともに、テロリストへの憤りと大統領への哀悼の意を述べ、ベートーヴェンの交響曲第3番から葬送行進曲を披露した[7]

1967年イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を客演指揮することになっていたが、第三次中東戦争勃発のため急遽帰国している。タキシードを脱ぐのも忘れるほど慌てての帰国であった。演奏会自体は戦争中であったがズービン・メータが代振りをして開催されている[8]

1969年にボストン交響楽団を辞め、全ての常任指揮者から外れた後は、メトロポリタン歌劇場ニューヨーク・フィルハーモニックなど、数々のオーケストラに客演した。

1974年にラインスドルフはメトロポリタン歌劇場でトリスタンとイゾルデを客演指揮することになるが、経営悪化の関係で歌手のキャンセルなどが相次ぎ、それに対して当時音楽監督のラファエル・クーベリックや首席指揮者のジェームズ・レヴァインが無力だったとしてニューヨーク・タイムズ紙に苦言を呈してる。これがクーベリックの音楽監督辞任に影響を与えたという説もある[9]:138。その後もラインスドルフはメトロポリタン歌劇場で客演指揮を務めるが、彼の要求は厳しく、たびたびトラブルとなっている[9]:194

1978年から1980年の間はベルリン放送交響楽団(現:ベルリン・ドイツ交響楽団)の首席指揮者を務めている[2]

回想録(Cadenza: A Musical Career )は1976年に上梓された。1981年にもThe Composer's Advocate. A Radical Orthodoxy for Musiciansを書いている[4]

1993年、ガンのため、スイスのチューリッヒで81歳で亡くなった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Slonimsky, N. (1994). The Concise Baker's Biographical Dictionary of Musicians (8th edition ed.). New York: G. Schirmer. pp. 559. ISBN 002872416X. 
  2. ^ a b c Bruce Eder. “Erich Leinsdorf Biography”. All Music. 2007年5月25日閲覧。
  3. ^ a b c 『名演奏家事典(下)』 音楽之友社、1982年、p.1077。ISBN 4-276-00133-1
  4. ^ a b 『演奏家大事典 第I巻』 音楽鑑賞教育振興会、1982年、p.915。ASIN B000J7BR7E
  5. ^ a b 『ラールス世界音楽人名事典』 遠山一行、海老沢敏、福武書店、1989年、p.1371。ISBN 4-8288-1602-X
  6. ^ a b Rosenberg, Donald (2000). The Cleveland Orchestra Story. Cleveland, Ohio: Gray & Co.. ISBN 1-886228-24-8. 
  7. ^ Bennett, Susan (2003). President Kennedy Has Been Shot: Experience the Moment-To-Moment Account of the Four Days That Changed America. Naperville, IL: Sourcebooks Mediafusion. ISBN 1402201583. 
  8. ^ Steve Cohen (1998年6月5日). “Adversity brings out the best in the Israel Philharmonic”. Jewish news weekly of Northern California. 2007年5月25日閲覧。
  9. ^ a b ジョアンナ・フィードラー 『帝国・メトロポリタン歌劇場(上巻)』 河合楽器製作所・出版部、2003年ISBN 4-7609-5013-3
先代:
ホセ・イトュルビ
ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
1947 - 1955
次代:
セオドア・ブルームフィールド
先代:
ヨーゼフ・ローゼンシュトック
ニューヨーク・シティ・オペラ
音楽監督
1956 - 1957
次代:
ユリウス・ルーデル