ディミトリ・ミトロプーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディミトリ・ミトロプーロス
Dimitris Mitropoulos
State Orchestra of Athensビル正面にあるミトロプーロスの胸像
State Orchestra of Athensビル正面にある
ミトロプーロスの胸像
基本情報
出生 1896年3月1日
ギリシャの旗 ギリシャアテネ
死没 1960年11月2日(満64歳没)
イタリアの旗 イタリアミラノ
職業 指揮者・ピアニスト・作曲家

ディミトリス・ミトロプーロスDimitris Mitropoulosギリシャ語Δημήτρης Μητρόπουλος 〕, 1896年3月1日 - 1960年11月2日)は、主にアメリカ合衆国で活躍したギリシャ人指揮者ピアニスト作曲家。一般にはスラヴ語風の「ディミトリ Dimitri」の名で知られる。

デビュー[編集]

アテネ出身。代々ギリシャ正教の司祭を出してきた家庭で育つ。郷里のアテネ音楽院ではピアノをルートヴィヒ・ヴァッセンホーフェン (Ludwig Wassenhoven) [1]に学び、ブリュッセルでは和声と対位法をアルマン・マルシックに、作曲をポール・ギブソンに学んだ後、ベルリンフェルッチョ・ブゾーニほかに師事。1921年から1925年までベルリン国立歌劇場エーリヒ・クライバーの助手を務めた後、帰国してギリシャでアテネ交響楽団の指揮者、アテネ音楽院の教授など数々の地位を得る[2]1930年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ピアノ協奏曲を演奏した際、自らピアノ・パートを演奏しながらオーケストラを指揮した。現代の弾き振りの先駆者といえる。

アメリカ[編集]

1936年ボストン交響楽団を指揮してアメリカ合衆国デビューを果たし、その後間もなくアメリカに定住して1946年にはアメリカ国籍を取得した。1937年から1949年までミネアポリス交響楽団首席指揮者を務め、また、1945年から客演していたニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団1949年に常任指揮者として招かれた。1951年から同管弦楽団の首席指揮者に就任し、1957年レナード・バーンスタインに後を譲った。この間、1954年からはメトロポリタン歌劇場の常任指揮者としても活動した[2]。さらに、《交響曲 第6番「悲劇的」》を含むマーラー作品を、アメリカ合衆国に本格的に紹介するなどの活躍を見せた。

1960年ミラノスカラ座でマーラーの《交響曲 第3番》のリハーサル中に急死。

レパートリー[編集]

ミトロプーロスは、新ウィーン楽派などの現代音楽の献身的な擁護者として有名であった。自らも作曲家として数多くの管弦楽曲やピアノ独奏曲を遺しており(ピアノ・ソナタなどの代表作がある)、バッハオルガン曲をオーケストラ用に編曲するなどもした。バーンスタインはミトロプーロスの影響でマーラーの交響楽に興味を寄せ、マーラー作品を指揮するにあたってミトロプーロスに力づけられた。ミトロプーロスは、エルンスト・クシェーネクのピアノ協奏曲の初演と録音でピアノ・パートを演奏し(CDに復刻ずみ)、ロジャー・セッションズピーター・メニンなどの現代アメリカ合衆国の作曲家の作品も初演し、録音した。プロコフィエフのピアノ協奏曲の録音でも、弾き振りでニューヨーク・フィルハーモニー管を指揮した。

逸話[編集]

・1950年代終わりにしばしば協演していたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の奏者たちからは、敬意を込めて『ギリシャの哲人』と呼ばれ、高く評価されていた。

・暗譜をはじめ、見事なまでの記憶力はしばしば伝説的であり、元ウィーン・フィルの楽団長をつとめたオットー・シュトラッサーによると、「リハーサルの前夜、楽員名簿をホテルに届けさせて暗記し、翌朝の練習では奏者への呼びかけを名前で行なって、たちまち指揮者とオーケストラとの間に信頼関係を築くことができた」という。また、演奏会当日の朝に持ち込まれた新作の総譜を、「サイズが大きすぎて譜面台に載らない」といって、ページをバラしてホール内の通路上に並べ、歩きながら全部記憶してリハーサルも本番もこなしてしまったという、とても現実の出来事とは思われない逸話の持ち主である。

参考文献・参考事項[編集]

  • Arfanis, Stathis A. The Complete Discography of Dimitri Mitropoulos. Athens: Irinna S.A., 1990. ISBN 9607110005
  • Mitropoulos, Dimitri, and Katsoyanis, Katy: A correspondence, 1930 - 1960. New York: Martin Dale, 1973. Introductions by Louis Biancolli and Katy Katsoyanis.
  • Trotter, William R. Priest of Music: The Life of Dimitri Mitropoulos. Portland, Oregon: Amadeus Press, 1995. ISBN 0931340810
  • Time November 25, 1957
  • 中野雄『ウィーン・フィル 音と響きの秘密』文春新書

脚注[編集]

[ヘルプ]
[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ a b LP「シェーンベルク『清められた夜』作品4/プロコフィエフ バレエ『ロメオとジュリエット』」(ディミトリ・ミトロプーロス指揮ニューヨーク・フィルハーモニック、1976年、CBS/SONY)ライナーノーツ(浅里公三)

ポスト[編集]