ニコライ・ソコロフ (指揮者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ニコライ・ソコロフNikolai Sokoloff, 1886年5月28日1965年9月25日)は、ロシア系アメリカ人ヴァイオリニスト指揮者キエフ出身。

略歴[編集]

イェール大学で音楽を学ぶ。1916年から1917年までサンフランシスコ市民フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任し、女性楽団員の雇用と、男女の楽団員の報酬が平等であるべきことを主張した。1918年から1932年までクリーヴランド管弦楽団の初代音楽監督兼指揮者に就任した。

1935年から1938年までニューディール政策の一環として合衆国音楽プロジェクトを監督し、演奏活動や公的な音楽教育のために音楽家を雇った。1938年から1940年までシアトル交響楽団を指揮した。

代表的な音源として、1928年にクリーヴランド管弦楽団を指揮したラフマニノフの《交響曲 第2番》の演奏が知られている。

参考資料・外部リンク[編集]