ジョージ・ヘンシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョージ・ヘンシェル(ローレンス・アルマ=タデマ画、1879年)

ジョージ・ヘンシェル(Sir George Henschel、1850年2月18日 - 1934年9月10日)は、イギリス指揮者歌手作曲家ピアニスト

略歴[編集]

ブレスラウに生まれる。12歳のとき、ベルリンピアニストとしてデビューし、長じてバリトン歌手、作曲家指揮者として活動する。ロンドンで交響楽コンサートを主宰し、ニューヨーク音楽芸術研究所(現ジュリアード音楽院)の教授を務め、ボストン交響楽団の初代音楽監督、スコティッシュ管弦楽団(現ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団)の指揮者を歴任するなど多方面で活躍した。1914年にはイギリスにおいて多年の功績に対しナイトを授与された。スコットランドアビーモアにて没した。ヨハネス・ブラームスの親しい友人でもあった。

外部リンク[編集]