交響曲第7番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交響曲第7番は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの作曲した7番目の交響曲であるが、シューベルトの後期の交響曲は何度も番号が変更されており、『交響曲第7番』が示す曲もその都度変化している。詳細はフランツ・シューベルト#交響曲の番号付けを参照。

  1. D944ハ長調)→新シューベルト全集(Neue Schubert-Ausgabe)における第8番。未完成作品を除いて7番目の交響曲であるため、かつては第7番と呼ばれていた。その後、第9番、第10番と呼ばれたこともある。『ザ・グレート』(大交響曲)ハ長調。
  2. D729(ホ長調)→新シューベルト全集では番号はついていない。大半がスケッチのみの未完の交響曲。後世の指揮者や音楽学者らによりオーケストレーションされた版で演奏されることもある。 (de:ドイツ語版記事
  3. D759(ロ短調)→新シューベルト全集における第7番。旧第8番。『未完成交響曲』ロ短調。1978年のヴァルター・デュルドイツ語版アルノルト・ファイルドイツ語版らによるドイチュ番号改定により、自筆譜のままで演奏できるという意味で完成されていると認められる交響曲の7番目のものであることから第7番とされ、テュービンゲンの「国際シューベルト協会」(Internationale Schubert-Gesellschaft e.V.)をはじめ[1]多くの楽譜出版社がこれに従った。

本項では、新シューベルト全集での交響曲第7番である『未完成交響曲』ロ短調D759について扱う。


音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Schubert:Symphony nº 7”Unfinished”- M. Jurowski - Sinfónica de Galicia - ミハイル・ユロフスキ(Michail Jurowski)指揮ガリシア交響楽団による演奏。ガリシア交響楽団公式YouTube。
Schubert:Symphony No.7(No.8)”Unfinished”- 1st Movement,2nd Movement - 佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団による演奏。兵庫芸術文化センター管弦楽団公式YouTube。

Franz Schubert - Symphony No.8 in B minor Unfinished - Małgorzata Sapiecha-Muzioł (conductor),

Stanisław Moniuszko School of Music Symphony Orchestra。当該映像制作者「Akademia Filmu i Telewizji」の公式YouTube

交響曲第7番ロ短調D759『未完成』(Sinfonie Nr. 7 in h moll D. 759 "Die Unvollendete" )は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルト1822年に作曲した未完の交響曲である。

経緯[編集]

ここでは新シューベルト全集編纂開始当初に提唱された学説を取り上げている。

シューベルトはグラーツ楽友協会から「名誉ディプロマ」を授与された。わずか25歳でのこの授与に対し、シューベルトは返礼として交響曲を作曲することにした。しかし、シューベルトが送付したのは第1楽章と第2楽章だけで、残りの楽章は送付しなかった。そのままシューベルトはなぜか別の交響曲群の作曲に取り掛かってしまい、ロ短調交響曲を完成させる前にシューベルトは逝去。シューベルトの名声が確実なものとなった没後数十年を経て、残された2楽章分のみを出版することにした。

交響曲は通常4つの楽章から構成され、その最も典型的な形が『運命』や『新世界』などに見られるアレグロソナタ - 緩徐楽章 - スケルツォ - フィナーレ という形式である。シューベルトも当初はそのようなものを構想して、この交響曲ロ短調の作曲を進めていったのであろうと考えられる。しかし、シューベルトは第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をスケッチまでほぼ仕上げながら、そこで作曲を中止してしまった。このような経緯により交響曲ロ短調D759は、第2楽章までしかない未完成交響曲となってしまったのであった。

残された楽章のみの初演はシューベルト没後の1865年12月17日ウィーンで行われた。未完成交響曲が初演された当時シューベルトはすでに「大家」の扱いであり、未完成の理由について多くの推察が行われたが、決定的な証拠は遺されなかった。なぜ第2楽章までで作曲を中止してしまったのかにはさまざまな説がある。例えば「第1楽章を4分の3拍子、第2楽章を8分の3拍子で書いてしまったために、4分の3拍子のスケルツォがありきたりなものになってしまった」というもの、また「シューベルトは、第2楽章までのままでも十分に芸術的であると判断し、それ以上のつけたしは蛇足に過ぎないと考えた」という説などである。事実、第3楽章のスケッチの完成度があまり高くないため、シューベルトのこの判断は正しかったと考える人は多い。もっとも、このように音楽作品を完成させないまま放棄するということをシューベルトはきわめて頻繁に行っており[2]、「未完成」であることは、この交響曲の成立に関してそれほど本質的な意味はないとする考えもある。

シューベルトが残したスケルツォにオーケストレーションをほどこして第3楽章とし、劇付随音楽ロザムンデ』の間奏曲を流用して第4楽章とする4楽章の完成版(イギリスの音楽学者エイブラハム英語版ニューボウルド英語版による[3])として演奏する例もある。[4]

なお、20世紀の名指揮者・作曲家であったフェリックス・ワインガルトナーは、この曲の未完の第3楽章を補筆し、自作の『交響曲第6番』作品74の中に使用している。

楽器編成[編集]

フルート 2、オーボエ 2、クラリネット 2、ファゴット 2、ホルン 2、トランペット 2、トロンボーン 3、ティンパニ弦五部

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro moderato[編集]

冒頭部
60~64小節目。第2主題提示の終結部分
Simon Schindler指揮フルダ交響楽団

ロ短調、4分の3拍子。冒頭からロ―嬰ハ―ニの有名な動機が現れる。単に序奏というのではなく楽章の最後まで執拗に支配している。オーボエとクラリネットのユニゾン木管の甲高い第1主題を弦楽が支えながら第2主題に入る。通常のソナタ形式であれば、短調の第1主題に対して3度上の平行調であるニ長調で書かれる第2主題が、ここでは逆に3度下であり平行調の下属調であるト長調で書かれている。この調性関係は、ベートーヴェンの交響曲第9番の第1楽章と同じであるが、シューベルトがこの交響曲を作曲した1822年の時点ではベートーヴェンの交響曲第9番は作曲途中であり、演奏はされていない。第2主題では、伸びやかなチェロシンコペーションに乗って歌われる。展開部は序奏を発展させる形のもの。半音階ずつ転調を繰り返す。再現部では、第2主題は提示部とは逆の3度上(平行調)のニ長調で再現される。

第1主題冒頭の自筆譜にかかれた記号はアクセントなのかデクレッシェンドなのか判然とせず、今日でも見解が分かれたままである。「そのどちらでもなく」演奏することが慣例だが、どちらかにしてしまう解釈の演奏も見られる[5]

実演ではゆっくりめに始まる演奏が多いが、近年の研究ではこれは四楽章制のなかの第一楽章なので、快速アレグロであったと考える指揮者もいる。

第2楽章 Andante con moto[編集]

Simon Schindler指揮フルダ交響楽団

ホ長調、8分の3拍子。通常の演奏会ではここまでが演奏される。展開部を欠くソナタ形式。穏やかな下降音階の第1主題が提示される。コーダでは、シューベルトが好んで用いた三度転調により一時変イ長調に転調する。指揮者によって最も速度について見解が分かれており、初期の録音では非常に緩慢な3拍を振る指揮者が多かったが、近年の音源では倍速く済ませる指揮者もいる。

有名な問題点は、このコントラバスパートに「鋭い縦線」が自筆譜で入っていることである。これは曲想からどう考えてもスタッカティッシモになれるわけがないという見解の指揮者が多く、目立たせるという意味で通常のスタッカートに直している演奏がほとんどである。

第3楽章 Allegro (未完)[編集]

第3楽章冒頭部(自筆総譜)

ロ短調、4分の3拍子。20小節目までが総譜にされ、残りはピアノスケッチ(主部114小節)のみ。主部は最初ユニゾンで始まり、転調がめまぐるしく、最初の主題がすぐに同主張のロ長調で繰り返された後、すぐにもとのロ短調のユニゾンに戻り、第1楽章と同じく遠隔調(フリギア調の関係)にあるト長調へと移調する。トリオ(研究者によってはトリオ1)はやはりト長調だが16小節で自筆譜は途切れている。楽譜の発見当時、見つかった総譜部分はほとんどユニゾンの9小節までだったため、現在流布している楽譜には補遺として9小節まで収録されているものが多い。10小節以降20小節目までの総譜は近年になって切り取られた形で発見された。

トリオは1つではなく、2つだったという見解により新版を作成している研究家もいる。それは、もう一つのト長調のトリオはロザムンデのバレエの2/4の楽想が実は3/4のトリオ2であったという考えに基づいている。この推理が正しければ、第3楽章はABACAのロンド形式であったことになる。もしもトリオ2が正しい場合、トリオ2で初めてヘミオラターンが現れることになる。このターンを掛けた素早い装飾を含む音符がフィナーレの「片ターン」風の音形に接続されることになり、論理的一貫性は失われない。マリオ・ヴェンツァーゴ補筆構成版はトリオ2はロザムンデの素材のまま接合し、ABCAで終わるようにAの反復回数を簡略化している。

第4楽章 Allegro molto moderato (未完)[編集]

多くの補筆に携わる研究家は、ここをシューベルトのロザムンデと同一のAllegro molto moderatoを与えている。

21世紀に入り新説が出ており、その中には「シューベルトは劇付随音楽ロザムンデを完成させるため、グラーツ楽友協会へ『第三楽章と第四楽章を返してくれないでしょうか』と自筆譜の返還を申し出たのであり、未完成交響曲は実は完成していた[6]。完成していたことを証明するため、第三楽章の第1フォリオ(第1ページと第2ページ)のみを協会の預かりにした・・・」という意見がある。これが真実なら、ロザムンデの第一間奏曲は「真のフィナーレ」だったのであり、この交響曲はFFで堂々とピカルディ3度で終止していたのである。三拍子系の楽章が3つも続いたあとに二拍子系のフィナーレが一回急に登場することで、楽章全体へコントラストをつけていたことになる。

第4楽章全体がさほど長くないのは、ロザムンデ用の編集であったのか、もともと短かったのかは判断が分かれている。ニューボウルド版は、途中でフィナーレの要求する速いアレグロに変えてしまっている。ただし、シューベルトの意図通り全曲がAllegro molto moderatoで演奏されるのなら第4楽章は中庸の速度になるため、フィナーレとしてのバランスは損なわれない。マリオ・ヴェンツァーゴ補筆構成版は「フィナーレだから失われた第一カッコ部分がある」という説に基づき、バレエ音楽の前半をまず第一カッコ部分として演奏し、モノディートータルユニゾン部分に差し掛かると第一間奏曲冒頭に戻って最後まで演奏する。

備考[編集]

シューベルトの代表作のひとつであり、ベートーヴェンの『運命』・ドヴォルザークの『新世界』などと並んで現代においても大衆的な人気がある。かつてのレコード業界では『運命』と『未完成』のカップリングは、いわゆるドル箱として重視されていた[7]

脚注[編集]

  1. ^ Musikwissenschaftliches Institut, Neue Schubert-Ausgabe, Schubert-Database, Sinfonie, 2. 2013-04-03 閲覧。
  2. ^ この曲以外にあと5曲の未完成交響曲がある。
  3. ^ その他の未完成交響曲も含めて録音したネヴィル・マリナー指揮によるシューベルト交響曲全集がある。
  4. ^ IMSLPで元のピアノ譜つきの補筆楽譜を確認することが出来る。
  5. ^ シューベルトはアクセントを長めに書く癖があるという研究結果もある(『ムジカ・ノーヴァ』:音楽之友社)。
  6. ^ 外部リンク
  7. ^ LPレコードは、片面の収録時間が約30分だった。この2曲の交響曲は、通常のテンポでの演奏時間がほぼこれに合致し、かつ大作曲家のニックネーム付きの有名な曲ということもあり多くの指揮者とオーケストラによる録音が多数発売された。CD時代になり、廉価盤のBOXセットによるベートーヴェンの交響曲全集盤が多数発売されるようになると、『未完成交響曲』の方は単独で発売されることがあまりないため、シューベルト交響曲全集の一環として録音されたものでない限り、LP当時にカップリングされていた『未完成』を容易に入手できないことがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]