北ドイツ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北ドイツ放送
Norddeutscher Rundfunk
NDR
NDR Dachmarke.svg
形態 テレビ・ラジオ放送
ドイツの旗 ドイツ ハンブルク
ニーダーザクセン州
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州
メクレンブルク=フォアポンメルン州
視聴可能 地域・国内・国際
開局 1924
1956[1]
公式サイト www.ndr.de

北ドイツ放送(きたドイツほうそう、ドイツ語: Norddeutscher Rundfunk, NDR)は、ハンブルクに本部を置くドイツ公共放送局ARD加盟9局のひとつ。 

ハンブルクのNDRテレビスタジオ

概要[編集]

第二次世界大戦前の1924年、ハンブルクに「北部放送株式会社Nordische Rundfunk AG)」が設立され、1932年には「北ドイツ放送有限会社Norddeutsche Rundfunk GmbH)」と改称された。しかし1934年にナチス政権によって強制的に統合され、「ハンブルク帝国放送局(Reichssender Hamburg)」となった。

大戦終結前の1945年5月、イギリス軍当局が占領地域において「ラジオ・ハンブルクRadio Hamburg)」の放送を開始した。その後ドイツが正式に降伏し、同年9月に北西ドイツ放送Nordwestdeutscher Rundfunk, NWDR)として改めて設立された。

NWDRは連合軍軍政期イギリス占領地区であったハンブルク市ニーダーザクセン州シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ノルトライン=ヴェストファーレン州西ベルリンを放送地域としていたが、1954年に西ベルリン部分が自由ベルリン放送ドイツ語版(SFB、現在のベルリン=ブランデンブルク放送)として、翌年にはノルトライン=ヴェストファーレン州部分が西部ドイツ放送(WDR)として分離し、現在の北ドイツ放送となった。それ以来前述の3州のみを放送地域としていた(ニーダーザクセン州に囲まれたブレーメン州にはラジオ・ブレーメンドイツ語版が存在している)が、東西ドイツ統一後に旧東ドイツ国営放送メクレンブルク=フォアポンメルン州部分を吸収し、同地域でも放送を開始した。

北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団などのオーケストラ運営も行っている。2011年にはユーロビジョン・ソング・コンテストのホスト放送局を担当した[2]

ARDのニュース番組である、ターゲスシャウは北ドイツ放送が制作している。

支局等[編集]

ハンブルクの本局の他に、放送エリアの各州内にスタジオや特派員事務所を置いている[3]

ニーダーザクセン州[編集]

詳細は、Der NDR in Niedersachsen(NDR公式サイト)を参照。

メクレンブルク=フォアポンメルン州[編集]

詳細は、Studios in Mecklenburg-Vorpommern(NDR公式サイト)を参照。

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州[編集]

詳細は、NDR Studios in Schleswig-Holstein(NDR公式サイト)を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Note: As NDR
  2. ^ 開催地のデュッセルドルフはWDRの放送地域であるが、NDRはドイツ国内での放送の責務をおこなっている。
  3. ^ Die Studios im Überblick(NDR公式サイト)

外部リンク[編集]