ヨハン・ハインリッヒ・フォス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Johann Heinrich Voß
フォスの胸像、オッテルンドルフ

ヨハン・ハインリッヒ・フォス, Johann Heinrich Voß(Voss), 1751年2月20日 - 1826年3月29日)は、ドイツ詩人翻訳家

メクレンブルク=シュトレーリッツ(現在のメクレンブルク=フォアポンメルン州)の農家に生まれる。祖父は農奴だった。ノイブランデンブルクギムナジウムに就学(1766年 - 1769年)の後、1772年に学費を家庭教師をして稼ぎながらゲッティンゲン大学に通い、言語学を学ぶ。「詩人年鑑」り発行に携わり、それで多少の収入を得た。彼の周囲に若い詩人が集まり、それがゲッチンガー・ハイン同盟となる。ハイン(神苑)は、ギリシアのパルナス山にちなんで名付けられた。ドイツの詩神の憩う場所の意味をもたせたものである[1]ホメーロスの作品を初めギリシャ・ローマの古典文学ドイツ語に多く翻訳したことで知られる。17775年彼はゲッチンゲンを去って、ハンブルグに移る。相変わらず、財力の乏しかった彼は、町中には住めず、郊外のオッターンドルフという村に住んだ。3年ほど職探しに奮闘し、小さなラテン語学校の校長に就任する。彼はギリシアの牧歌を、近代の市民のためにヘクサメーター叙事詩として復活させた[2]。「七十歳の誕生日」という作品が知られている。

著作[編集]

  • Die Leibeigenschaft, 1776, Lauenburger Musenalmanach.
  • Luise. Ein laendliches Gedicht in drei Idyllen(「ルイーゼ」), 2. Aufl., Königsberg Nicolovius, 1798.
  • Abriß meines Lebens. Karben: Wald-Verl., 1996 (Repr. d. Ausg. Rudolstadt 1818).
  • Briefe, hrsg. von Abraham Voß. Hildesheim: Olms, 1971 (Repr. d. Ausg. Halberstadt 1829-1833).
  • Sämmtliche poetische Werke, hrsg. von Abraham Voß. Leipzig: Müller, 1835.
  • Gedichte, Auswahl und einführende Texte: Klaus Langenfeld. Husum: Husum Druck- und Verlagsgesellschaft, 2001 .
  • Die kleinen Idyllen, Mit einer Einführung zum Verständnis der Idyllen und einem Nachwort herausgegeben von Klaus Langenfeld. Stuttgart: Akademischer Verlag Heinz, 2004.

脚注[編集]

  1. ^ 臼井隆一郎『アウシュヴィッツのコーヒー』石風社 2016年 p.72
  2. ^ 臼井隆一郎『アウシュヴィッツのコーヒー』石風社 2016年 p.76