ピアノ三重奏曲第2番 (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアノ三重奏曲第2番ハ長調 作品87は、ヨハネス・ブラームス1880年から1882年にかけて作曲したピアノ三重奏曲である。この曲はブラームスの最も清澄で透明な作品である。楽器用法も、第1番以来の年月の進歩の如実に示し、主題そのもの及びその処理も簡潔になっていて、全てが円熟した明晰さに向かっている。

初演[編集]

1882年12月29日フランクフルトで、フーゴー・ヘールマンのヴァイオリン、ミュラーのチェロ、作曲者自身のピアノによる。

構成[編集]

全4楽章から構成されている。

  • 第1楽章 アレグロ ハ長調 4分の3拍子
  • 第2楽章 アンダンテ・コン・モート イ短調 4分の2拍子
  • 第3楽章 スケルツォ プレスト ハ短調 8分の6拍子
  • 第4楽章 アレグロ・ジョコーソ ハ長調 4分の4拍子

外部リンク[編集]