3つの間奏曲 (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

3つの間奏曲(作品117)は、ヨハネス・ブラームス1892年に作曲したピアノ独奏曲。3曲ともブラームスの晩年の小品の特徴をそなえ、間奏曲らしく比較的テンポが遅めである。そして、単純さと集約性の傾向をよくみせ、対位法を用いている。転調も制限された枠内で行われ、和声も透明になって、一定のリズムに固執する傾向が強くなっている。

構成[編集]

3つの間奏曲(作品117)



これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

以下の3曲から成る。

  1. アンダンテ・モデラート 変ホ長調
  2. アンダンテ・ノン・トロッポ・エ・コン・モルタ・エスプレッシオーネ 変ロ短調
  3. アンダンテ・コン・モート 嬰ハ短調

外部リンク[編集]