二人でお茶を (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二人でお茶を」(ふたりでおちゃを、英語: Tea for Two)は、1925年のヒット・ソングである。ヴィンセント・ユーマンスアーヴィング・シーザーの台本に曲付けしたミュージカル『ノー・ノー・ナネット』(英語: No, No, Nanette)で使用された。原作では、ヒロインのナネットが第2幕において、恋人役のトムと共に、自分たちの行く手を思い描いて歌う曲として扱われる。

解説[編集]

曲は、変イ長調からハ長調への唐突な転調を含み、旋律は付点四分音符と八分音符の組み合わせが散見される。アレック・ワイルダーはこのような特色について、舞台劇のヒット・ソングを特徴づける要素ではないとしながらも、それでも「二人でお茶を」が大成功をおさめたことを認めている[1]。余談だが、歌詞についてシーザーは、スティーヴ・アレンのラジオ番組に出演した際に、間に合わせのつもりで作ったとほのめかした。

「二人でお茶を」はジャズスタンダード・ナンバーとなり、数多くカヴァーが存在する。その中でも、トミー・ドーシー楽団によるチャチャチャ・バージョンは有名である。これは、1958年にトップ・テン入りした後、2005年マクビティビスケットCMに採り上げられて再び脚光を浴びた。別の有名な演奏には、アート・テイタム1939年に録音した例がある。ビバップ様式の演奏家では、セロニアス・モンクが、原曲のコード進行に手を入れ、旋律を複雑にしたものを1952年に録音し、自作の「スキッピー(英語: Skippy)」として発表している。アニタ・オデイは「二人でお茶を」を持ち歌にしており、1958年ニューポート・ジャズ・フェスティバルにおける彼女の歌唱は、このヒット・ソングの解釈の最高峰の一つとして認められている。

1927年にソビエト連邦の作曲家、ディミトリー・ショスタコーヴィチ管弦楽曲として編曲し、「タヒチ・トロット」の題名で発表した。

「二人でお茶を」は、1995年BBCのコメディ番組 “Next of Kin” のテーマ曲にも転用された。

日本では、味の素グループのテレビCMに利用されている。

註釈[編集]

  1. ^ Alec Wilder, James T. Maher, American popular song: the great innovators, 1900-1950, http://books.google.co.uk/books?id=bt-YD80ZZbIC 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

音源[編集]