リベリアン・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リベリアン・ガール
マイケル・ジャクソンシングル
初出アルバム『バッド
リリース
録音 1986年
ジャンル ポップ
時間
レーベル EPIC SONY
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース マイケル・ジャクソン
クインシー・ジョーンズ
チャート最高順位
  • 13位(イギリス)
  • 14位(ドイツ)
  • 50位(オーストラリア)
マイケル・ジャクソン シングル 年表
リーヴ・ミー・アローン
(1989年)
リベリアン・ガール
(1989年)
ブラック・オア・ホワイト
(1991年)
ミュージックビデオ
「Liberian Girl」 - YouTube
テンプレートを表示

リベリアン・ガール」 (原題:Liberian Girl) はマイケル・ジャクソンの楽曲。1987年のアルバム『Bad』に収録。

解説[編集]

1989年に『Bad』からの第9弾シングルカットとしてヨーロッパとオーストラリアでリリースされた。さすがに9枚目のシングルカットということもありセールスは伸びず、母国アメリカではカットすらされなかった。

クインシー・ジョーンズが関わったマイケル最後の作品である。

ショートフィルム[編集]

ショートフィルムには

と多数の大物ゲストが出演している。皆マイケル本人からの友情出演依頼を受けての出演である。ペットのチンパンジーのバブルスも出演している。

内容はアフリカ風のセットでキャスト達がくつろいでいるというもの。肝心のマイケルが一向に姿を現さないため、出演者達は、「あの後ろ姿はきっとマイケルだ(アル・ヤンコビックだった)。」「あの頭に包帯巻いた奴はマイケルの変装じゃないか」と、きっとマイケルが何処かに隠れているに違いないと疑いながら探し始める。ようやく歌のラストで、マイケル本人が乗った撮影用クレーンが降りてきて姿を現したことで、実は最初から自分達を撮影していたカメラマンがマイケルだったことを知り、スター達から拍手喝采を浴びながらエンディングを迎えるという、スーパースターならではの一風変わった演出が取られている。

また、追悼式の遺影に使われた写真はこのショートフィルム中に撮られたものである。