娯楽 (バラエティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
娯楽(バラエティ)
東京事変スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EMIミュージック・ジャパン/Virgin Music
プロデュース 東京事変
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星4 / 5 link
チャート最高順位
ゴールド等認定
東京事変 年表
大人
(アダルト)

(2006年)
娯楽
(バラエティ)

(2007年)
娯楽
(バラエティ)増刊号

(2007年)
娯楽(バラエティ)収録のシングル
  1. OSCA
    リリース: 2007年7月11日
  2. キラーチューン
    リリース: 2007年8月22日
テンプレートを表示

娯楽(バラエティ)』は、日本バンド東京事変の3枚目のアルバム2007年9月26日EMIミュージック・ジャパンより発売された。

概要[編集]

2ndアルバム『大人(アダルト)』からおよそ1年8ヶ月ぶりとなるアルバム。前作まではほとんどの楽曲の作詞・作曲を椎名林檎が手掛けてきたが、今作では椎名は作詞だけに専念し、収録曲は伊澤一葉、浮雲、亀田誠治の3人による楽曲で構成されている[注 1]。椎名同様クラシックの教育を受けた端正なソングライティングが特徴の伊澤とカントリーからソウル/ジャズまでというふり幅を洗練されたマナーで行き来する浮雲の2人がほとんどの作曲と一部作詞を担当し、亀田も1曲提供している[1]。椎名が新加入の2人にソングライティングを任せた理由は、人の曲を歌う時こそ恥ずかしい気持ちもなく思い切り出せる声もあるのかもしれないとも思い、その声に焦点を絞ったものもやってみたいと考えるようになったからであり、また椎名がバンド加入をオファーするほど評価する彼らの作家として優れた部分を存分に出すためでもあった[2]

今回、前作の時からやりたい思っていた「個人ではなく集団としての表現を歌詞や声の質で表す」ということが出来るようになったのに今さら第1期東京事変、第2期東京事変のように言われるのもどうかということでバンド名を変更する案が浮上し、椎名もいったんは決心したが、結果的に変更することはなかった[3]

アルバム・タイトルは前作に引き続きテレビ番組のジャンルから。1stの『教育』はNHK教育テレビジョン、2ndの『大人(アダルト)』はペイ・テレビのアダルト・チャンネルだったのに対して今回はバラエティ番組で、民放もNHKも含まれるもっと広いくくりとなった[4]。メンバー同士のセッションという形の娯楽という意味もある[3]。『娯楽』と書いてバラエティと読ませるのは、アルファベットで書くと日本的な感覚での「バラエティ」とはニュアンスが変わってきてしまうから[4]

東京事変のオリジナルアルバムとしては初めて英語タイトルの曲が収録されたが、依然としてシンメトリー配置の方式は守られている[注 2]

初回限定盤は、ギザギザ仕様 feat.スリーブケース。

楽曲制作[編集]

メンバー作曲による膨大なデモ音源から曲を厳選し、椎名が作詞と歌唱に徹するスタイルでプロジェクトをスタート[5]。アルバムをレコーディングする前に椎名から、自分は作曲せずに浮雲と伊澤の曲をメインにして、亀田にも一歩下がってもらって椎名色と亀田色を薄めたアルバムを作りたいと思っているという話があった[6]。演奏については、前回のアルバムではメンバー以外のプレイヤーの音も入っていたが、今回はバンドの音だけでやるという暗黙の了解があった[3]

椎名は曲選びの段階には立ち会ったがソロ・アルバム『平成風俗』のプロモーションをしなければならず、彼女が不在の間に他のメンバーだけでプリプロダクションリハーサルを行った[2][3]。収録曲もアレンジもあらかじめ決まっていた前作と違い、今回はみんなが持ち寄った曲から収録曲を選んでリハーサルで一緒にバンド・アレンジし、メンバー全員の意見を総合してそれを膨らませていった[3][4]。前回腱鞘炎で一人だけ作業が後になった伊澤も今回は最初からいたので柔軟に対応してその場その場で意見を作品に反映させることが出来た[3]

浮雲にはライブツアー「東京事変 “DOMESTIC!” Just can't help it.」が終わってすぐに椎名から曲を書いて欲しいというオファーがあり、彼はアルバムの曲を書くにあたり、自分の持つ要素で別の面に光を当てて今まで椎名が見せたことのない表情を出してくれることを意図して曲を書いたという[2][3][6]。また椎名は彼のストック曲のチェックは定期的に行っていて、その曲を彼自身のバンドでどう扱うのかを訊いた上で、「この曲をやりたい」と押さえておくという[2]。伊澤は候補曲を決め打ちで持ってきた。彼のデモはキーボードだけで作っていて歌が入ってないものが多く、歌メロをキーボードでいじったり、ギターシンセサイザーでギター・パートを弾いたりしている[3]

作詞については、伊澤と浮雲の曲は彼らのバンドの持ち曲も含まれていて男性ならではの表現も多く、それまで曲と歌詞を自然な形で同時に書いてきた椎名にとっては難しかった[3]

収録曲[編集]

※各曲の英題および仏題は、ブックレット等に記載されているものではなく、あくまでSR猫柳本線の英語版ページ[7]によるもの

  1. ランプ(Ramp)
  2. ミラーボール(Mirror-ball)
    2006年に行われたライブツアー「東京事変 “DOMESTIC!” Just can't help it.」で新曲として披露されていた楽曲で、初のCD化となる(DVDJust can't help it.』には既に収録されている)。コーラスとして高音パートを浮雲が、低音パートを伊澤が担当している。
  3. 金魚の箱(Box of goldfish)
    映画『魍魎の匣』(原田眞人監督・2007年12月22日公開)エンディングテーマ。この曲について椎名は自分が書いた曲のようだ、と語っている。
  4. 私生活(Backstage)
  5. OSCA(O.S.C.A.)
    4枚目のシングル表題曲。
  6. 黒猫道(My way)
    コーラスとして高音パートを浮雲が、低音パートを伊澤が担当している。
  7. 復讐(Vengeance)
    本作で唯一鍵盤パートが無い楽曲で、伊澤はギターを担当している(右チャンネルが伊澤、左が浮雲)。
  8. 某都民 (The citizens)
    コーラスとしてではなく浮雲と伊澤がボーカルとして参加しており、語手:浮雲、男唄:伊澤、女唄:椎名という役割分担がされている。
  9. SSAW(ss/aw)
    椎名と伊澤のデュエット。タイトルの意味は、それぞれ四季を表す英語の頭文字(Spring, Summer, Autumn, Winter)である。
  10. 月極姫(Princesse mensuelle)
    曲後半にあるクラビネットのソロは、ドアーズの「ハートに火をつけて」のイントロを完全に真似た、と伊澤が「キーボード・マガジン」で明かしている。
    浮雲はコーラスをフランス語で歌っている。
  11. 酒と下戸(Sake & nondrinker)
  12. キラーチューン(Killer-tune)
    5枚目のシングル表題曲
  13. メトロ(Metro)
    最初にレコーディングされた曲[3]

トラック・リスト[編集]

全編曲: 東京事変。
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「ランプ」 椎名林檎 浮雲
2. 「ミラーボール」 浮雲 浮雲
3. 「金魚の箱」 伊澤一葉 伊澤一葉
4. 「私生活」 椎名林檎 亀田誠治
5. 「OSCA」 浮雲 浮雲
6. 「黒猫道」 椎名林檎 伊澤一葉
7. 「復讐」 椎名林檎(英訳:ロビー・クラーク) 浮雲
8. 「某都民」 椎名林檎 浮雲
9. 「SSAW」 椎名林檎 伊澤一葉
10. 「月極姫」 椎名林檎 浮雲
11. 「酒と下戸」 椎名林檎 伊澤一葉
12. 「キラーチューン」 椎名林檎 伊澤一葉
13. 「メトロ」 浮雲 浮雲
合計時間:

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ このことは『大人(アダルト)』発売に際するインタビューでも、椎名本人から「3rdアルバムでは私は一切曲を書かない」と示唆されていた。
  2. ^ 今回は「復讐」を中心にシンメトリーになっている。

出典[編集]

  1. ^ 東京事変. MSNインタビュー ◆ 東京事変 3rdアルバム『娯楽(バラエティ)』 ライナーノーツ 【後半】. インタビュアー:小野田雄. MSN.. オリジナルの2008-01-09時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080109185613/http://music.jp.msn.com/interview/170_1_2.htm 2016年8月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d 東京事変 (2007年7月10日). ニューシングル「OSCA」インタビュー. インタビュアー:小野田雄. EMIミュージック・ジャパン.. http://www.tokyojihen.com/vmc/artist/domestic/tokyojihen/interview.php 2016年8月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j 東京事変 (2007年9月26日). 2007.9.26 3rd ALBUM『娯楽(バラエティ)』オフィシャル・インタビュー. インタビュアー:小野田雄. EMIミュージック・ジャパン.. http://www.tokyojihen.com/vmc/artist/domestic/tokyojihen/interview_070926.php 2016年8月7日閲覧。 
  4. ^ a b c 東京事変 (2007年9月10日). 2007.8.22New Single『キラーチューン』スペシャル・インタビュー. インタビュアー:小野田雄. EMIミュージック・ジャパン.. http://www.tokyojihen.com/vmc/artist/domestic/tokyojihen/interview_070821.php 2016年8月7日閲覧。 
  5. ^ 東京事変DISCOGRAPHY 娯楽(バラエティ)”. ユニバーサル ミュージック ジャパン (2014年10月16日). 2015年11月29日閲覧。
  6. ^ a b 東京事変. 「閃光少女」インタビュー. インタビュアー:小野田雄. EMIミュージック・ジャパン.. http://www.tokyojihen.com/vmc/artist/domestic/tokyojihen/interview_071121.php 2016年8月3日閲覧。 
  7. ^ http://www.kronekodow.com/english/disco/disco_detail_16.html