ADULT VIDEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ADULT VIDEO
東京事変ミュージック・ビデオ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI/Virgin Music
プロデュース 井上雨迩
チャート最高順位
東京事変 年表
Dynamite out
(2005年)
ADULT VIDEO
(2006年)
Just can't help it.
(2006年)
テンプレートを表示

ADULT VIDEO』(アダルトビデオ)は、2006年3月23日に発売された東京事変ミュージック・ビデオ集。発売元は東芝EMI/Virgin Music

概要[編集]

今作はアルバム『大人(アダルト)』収録曲のミュージック・ビデオ集。シングル修羅場」のビデオクリップに加え、 それぞれシングルやアルバムに収録されたものとは異なるアレンジの「恋は幻 for musician」「黄昏泣き for mother」「秘密 for DJ」を含む全6曲のクリップを収録。DVD用に撮り下ろした映像もふんだんに収録された内容となっている。トータル的には、メンバーが架空の空間“事変ヒルズ”で繰り広げる一日が表現され、夜の始まりから朝の流れまでの時間経過に沿って様々な表情を見せるものとなっている。[1][2]

初回生産分のみデジパック仕様。

収録曲[編集]

  1. 歌舞伎
    (作詞・作曲:椎名林檎
    メンバー紹介的アプローチで、「このあと繰り広げられる事変ヒルズの1日がダイジェストで流れる」という形になっている[3]
  2. 秘密 FOR DJ
    (作詞・作曲:椎名林檎)
    曲は新たにラップパートが挿入されたバージョン[3]
  3. 恋は幻 FOR MUSICIAN
    (作詞・作曲:ネッド ドヒニー
    劇団ひとりとの共演[2]。歌詞にある「it's a tricky situation」をキーワードに、迷い込んださえない男が憧れのミュージシャンと共に繰り広げる狂乱の宴を描いている[3]
  4. 修羅場
    (作詞・作曲:椎名林檎)
    第二期メンバーで撮った初めてのクリップ[3]
  5. 喧嘩上等
    (作詞・作曲:椎名林檎)
    メンバーが見守る中、神楽の舞を舞うのはドラムス刄田綴色[3]
  6. 黄昏泣き FOR MOTHER
    (作詞・作曲:椎名林檎)
    曲はピアノメインのオリジナルから一転して、ギターと歌だけで始まって後奏からピアノとドラムが登場するバージョンとなっている[3]
クレジット
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「歌舞伎」     ウスイヒロシ
2. 「秘密 FOR DJ     ウスイヒロシ
3. 「恋は幻 FOR MUSICIAN     ウスイヒロシ
4. 「修羅場」     番場秀一
5. 「喧嘩上等」     ウスイヒロシ
6. 「黄昏泣き FOR MOTHER     ウスイヒロシ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京事変がDVD「ADULT VIDEO」&アナログ「“ADULT VIDEO” Original Sound Track」発表”. TOWER RECORDS ONLINE (2006年1月12日). 2017年6月28日閲覧。
  2. ^ a b 東京事変、劇団ひとりとの濃厚なカラミシーンも収録!?の映像集発売”. BARKS (2006年3月23日). 2017年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f #71 東京事変 "ADULT VIDEO" RELEASE SPECIAL”. Virgin Music. 2006年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月28日閲覧。