グヤトーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グヤトーン
製品種類 エレクトリック・ギター
電気電子楽器
音楽関係機器
使用会社 東京サウンド株式会社
使用開始国 日本の旗 日本
主要使用国 world
使用終了 2013年1月31日
登録商標 日本の旗 日本
ウェブサイト guyatone.jp
テンプレートを表示
Guyatone LG-60B(1959年)。

グヤトーン英語: Guyatone)は、かつて東京サウンド株式会社が製造した電気電子楽器、音楽関係機器のブランドである[1][2]

略歴・概要[編集]

創業者の松木三男(1915年 - 1992年)は、第二次世界大戦前の1934年(昭和9年)、日本国内では初のエレクトリック・ギター(エレキギター)製造に成功、とりわけ大戦後のハワイアン・ミュージックブームを支えた[2]、日本のエレクトリック・ギター製造のパイオニア的存在である[1]。1960年代に始まる「エレキブーム」、あるいはグループ・サウンズにおいても、グヤトーンは重要な位置づけをもつ[2]。「エレキブーム」の火付け役と呼ばれたテレビ番組勝ち抜きエレキ合戦』(1965年 - 1966年)では、模範演奏を行なった井上宗孝とシャープ・ファイブギター奏者三根信宏(1945年 - )がグヤトーンを使用、三根が「グヤトーン・シャープファイブ・モデル」を設計したことでも知られる[3]

エフェクターの開発を得意としており、数多くの種類のエフェクターを世に送り出した[1]。1990年代以降には、主に「世界最小・最軽量」マイクロエフェクツシリーズ他さまざまな種類のエフェクター開発に力を注いでおり、多くのミュージシャンから愛用されている。製造元の東京サウンド株式会社は、当初はグヤ電気楽器製作所、その後改称して、1976年(昭和51年)までは「株式会社グヤ」であった。

東京サウンドの資金繰りの悪化などによる倒産の為、2013年(平成25年)1月31日をもって業務を終了と発表、1956年(昭和31年)の設立から半世紀以上の歴史に幕を閉じた[1]。倒産時の社長は松木耕一(1949年 - )[1]

「グヤトーン」の名前の由来は、創業者である松木三男の中学時代から呼ばれていた「グヤさん」というあだ名に由来している。工作道具を常に大切にしていたことから「道具屋さん」がやがて「グヤさん」に転化、それを自社ブランド名にしたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「Guyatone」ブランドの楽器メーカー 東京サウンド株式会社 営業停止帝国データバンク、2013年2月7日付、インターネットアーカイブ、2013年2月10日付アーカイヴ、2015年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c 無念グヤトーン 初の国産エレキ 東京サウンド営業終了東京新聞、2013年2月9日付、2015年8月27日閲覧。
  3. ^ minenobuhiro.com三根信宏、2015年8月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ギター・エフェクター実用バイブル 自分らしいサウンドを出すために 歴史と基本原理、接続&トーン攻略まで[改訂拡大版]』、デイヴ・ハンター、DU BOOKS、2014年1月15日発行 ISBN 4925064746

関連項目[編集]

外部リンク[編集]