東京は夜の七時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京は夜の七時」(とうきょうはよるのしちじ)は、1993年12月1日にリリースされたピチカート・ファイヴの5枚目のシングルである。2006年野本かりあ2010年LADY BiRD feat. yula.のカヴァーがそれぞれ発売された。

オリジナル[編集]

東京は夜の七時
ピチカート・ファイヴシングル
初出アルバム『オーヴァードーズ
B面 東京は夜の七時 (talking toolbox mix)
リリース
規格 8cmCDシングル
ジャンル ポップス
ハウス
レーベル TRIAD ⁄ 日本コロムビア (CODA-281)
作詞・作曲 小西康陽
プロデュース 小西康陽
チャート最高順位
ピチカート・ファイヴ シングル 年表
スウィート・ソウル・レヴュー
1993年
東京は夜の七時
(1993年)
ハッピー・サッド
1994年
テンプレートを表示

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. 東京は夜の七時  the night is still young 4:59
    詞/曲: 小西康陽 編曲 リミックス: 福富幸宏
    フジテレビ系『ウゴウゴルーガ2号』オープニングのうた。
  2. 東京は夜の七時  the night is still young (talking toolbox mix) 8:15
  3. 東京は夜の七時  the night is still young (instrumental) 4:59

収録アルバム[編集]

野本かりあによるカヴァー[編集]

東京は夜の七時
野本かりあシングル
初出アルバム『DANCE MUSIC』
B面 東京は夜の七時 (karly mix)
東京は夜の七時 kagami remix)
東京は夜の七時から七時十一分。 (extended version:karly to 524)
リリース
規格 12cmCDシングル
ジャンル J-POP
レーベル columbia*readymade
作詞・作曲 小西康陽
プロデュース 小西康陽
野本かりあ シングル 年表
ショコラに夢中 ⁄ 月の向こうの世界
2005年
東京は夜の七時
2006年
自由度。
(2006年)
テンプレートを表示

解説[編集]

小西康陽プロデュースによる、野本かりあ通算2作目のシングル。カヴァーに際し、小西が歌詞を一部書き換えている。

収録曲[編集]

  1. 東京は夜の七時  the night is still young (the first cut)
  2. 東京は夜の七時  the night is still young (karly mix)
  3. 東京は夜の七時  the night is still young (kagami remix)
  4. 東京は夜の七時から七時十一分。  the night is still young (extended version:karly to 524)

LADY BiRD feat. yula.によるカヴァー[編集]

東京は夜の七時
LADY BiRD feat. yula.シングル
初出アルバム『STYLiST』
リリース
規格 12cmCDシングル
ジャンル J-POP
レーベル アリオラジャパン
作詞・作曲 小西康陽
プロデュース LADY BiRD
LADY BiRD シングル 年表
きっと…サヨナラ
2009年
東京は夜の七時
2010年
テンプレートを表示

解説[編集]

LADY BiRDの3枚目のシングル。2010年に渋谷系である同曲を「2010年渋谷代表」のLADY BiRDが「LADY BiRD feat. yula.」名義でカヴァーした[1]PVにはファッション雑誌『JELLY』のモデル山本優希森摩耶宮城舞が出演している。

収録曲[編集]

  1. 東京は夜の七時  the night is still young
  2. 東京は夜の七時  the night is still young (LADY BiRD Club Mix)
  3. 東京は夜の七時  the night is still young (Electro Remix)
  4. 東京は夜の七時  the night is still young (Trance Remix)
  5. Sweet Song (LADY BiRD Club Mix) / LADY BiRD feat. ソンイ
  6. きっと…サヨナラ (LADY BiRD 125 Re-Make) / LADY BiRD feat. 加賀美セイラ
  7. LADY BiRD 7` Non Stop Mix / LADY BiRD

その他のカヴァー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ LADY BiRD、ギャルを巻き込み「東京は夜の七時」大盛況. BARKS (2010年7月8日). 2011年8月5日閲覧。
  2. ^ “パラ閉会式「東京は夜の七時」に感激の声 ピチカート野宮も「嬉しい」”. デイリースポーツ. (2016年9月19日). http://www.daily.co.jp/general/2016/09/19/0009504384.shtml 2016年9月20日閲覧。 
  3. ^ 夏時間だと、ブラジルが日本より11時間バックする