私と放電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
私と放電
椎名林檎コンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル オルタナティブ・ロック
時間
レーベル Virgin Music
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2008年度年間73位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 椎名林檎 年表
    平成風俗
    (2007年)
    私と放電
    (2008年)
    MoRA
    (2008年)
    テンプレートを表示

    私と放電』(わたしとほうでん 英題:Watashi to Houden、Me & Electric Discharge )は、2008年7月2日EMIミュージック・ジャパンより発売された日本シンガーソングライター椎名林檎カップリングアルバム。同日にはミュージック・ビデオ集「私の発電」も同時発売された[1]

    概要[編集]

    本作は椎名のデビュー10周年記念作品として発売された、ファンの間で商品化のリクエストが高かったアルバム未収録曲または未収録バージョンやシングルのカップリング曲など計22曲をCD2枚組に収録したアルバム[注 1][1]

    本作の発売は数枚に散在していた、アルバムに入らなかった曲を1枚にまとめるために企画されたという。また、シングルには8cmCDもあり、椎名本人がそれらをMacに入れたところ出てこなくなってしまったと発言しており、12cmCD化を目指したものとも考えられる。なお、Disc2の12、13、14トラックは、パッケージやディスコグラフィー上には記載されていないボーナストラック扱いとして収録されている(インナーのブックレットには、タイトル、歌詞、クレジットは記載されている)。

    今回の発売にあたって、「メロウ」のミュージック・ビデオが撮り下ろされ、同時発売のDVD「私の発電」に収録された[1]

    初回限定盤・通常盤の2タイプでのリリース。初回限定盤は「椎名林檎 (生)林檎博'08~10周年記念祭~」チケット先行予約チラシ封入、10周年ロゴステッカー封入、10周年特別ダブル紙ジャケット仕様となっている。

    収録曲[編集]

    Disc 1[編集]

    1. すべりだい
      • デビューシングル「幸福論」収録曲
    2. アンコンディショナル・ラブ
    3. リモートコントローラー
    4. 眩暈
      • 3枚目のシングル「ここでキスして。」収録曲
    5. 輪廻ハイライト
      • 4枚目のシングル「本能」収録曲
    6. あおぞら
      • 4枚目のシングル「本能」収録曲
    7. 時が暴走する
      • 再発盤シングル「幸福論」収録曲
    8. Σ
      • 5枚目のシングル「ギブス」収録曲
    9. 東京の女
      • 5枚目のシングル「ギブス」収録曲
    10. 17
      • 6枚目のシングル「罪と罰」収録曲
    11. 君ノ瞳ニ恋シテル
      • 6枚目のシングル「罪と罰」収録曲

    Disc 2[編集]

    1. メロウ
      • シングル集「絶頂集」内「天才プレパラート」収録曲
    2. 不幸自慢
      • シングル集「絶頂集」内「天才プレパラート」収録曲
    3. 喪@CェNコ瑠ヲェWァ
      • シングル集「絶頂集」内「天才プレパラート」収録曲
    4. 愛妻家の朝食
    5. シドと白昼夢
      • 7枚目のシングル「真夜中は純潔」収録曲
    6. 意識 〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜
    7. 迷彩 〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜
      • 8枚目のシングル「茎 (STEM) 〜大名遊ビ編〜」収録曲
    8. la salle de bain
    9. カリソメ乙女 HITOKUCHIZAKA ver.
      • コラボレーションシングル「この世の限り」収録曲
    10. 錯乱 ONKIO ver.
    11. 映日紅の花
    12. 膨らんできちゃった
      • シングル集「絶頂集」内「発育ステータス」収録曲
    13. はいはい
      • シングル集「絶頂集」内「発育ステータス」収録曲
    14. 光合成
      • シングル集「絶頂集」内「発育ステータス」収録曲

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ ただし、これで全てのアルバム未収録曲を網羅した訳ではなく、A面・B面ともに未収録曲や未収録バージョンが存在する。

    出典[編集]

    1. ^ a b c 祝10周年! 椎名林檎がカップリング集&PV集同時発売”. 音楽ナタリー (2008年5月15日). 2018年6月24日閲覧。