DARK RIVER/Eternally/時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > DARK RIVER/Eternally/時計
DARK RIVER/Eternally/時計
GLAYシングル
初出アルバム『MUSIC LIFE
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル loversoul music & associates
作詞・作曲 TAKURO(全曲)
プロデュース GLAY & SEIJI KAMEDA (M1)
GLAY (M2,M3)
チャート最高順位
GLAY シングル 年表
Eternally
(2013年)
DARK RIVER/Eternally/時計
(2013年)
DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE
(2013年)
MUSIC LIFE 収録曲
Hospital pm9
(8)
DARK RIVER
(9)
TILL KINGDOM COME
(10)
BALLADE BEST☆MELODIES 収録曲
BELOVED
(2)
Eternally
(3)
pure soul
(4)
BALLADE BEST☆MEMORIES 収録曲
MIRROR
(10)
時計
(11)
笑顔の多い日ばかりじゃない
(12)
ミュージックビデオ
DARK RIVER - YouTube
Eternally - YouTube
テンプレートを表示

DARK RIVER/Eternally/時計」(ダーク・リバー/エターナリー/とけい)は、2013年7月24日にloversoul music & associatesから発売されたGLAYの通算48枚目のシングル[4]

概要[編集]

前作「JUSTICE [from] GUILTY」、「運命論」以来、およそ7ヶ月半ぶりのリリース。全曲タイアップが付いており、オフィシャルでは、「豪華トリプルタイアップシングル[4]と紹介されている。

「DARK RIVER」と「時計」は、ドラマ激流〜私を憶えていますか?〜』の主題歌・挿入歌にそれぞれ起用され[5]、同ドラマのプロデューサー銭谷雅義は、本2曲に関して「我々の期待をはるかに超える出来ばえで、圧倒されました。」とコメントしている[5]

発売形態は、CD+DVD盤とCDのみが含まれる盤の2形態。DVDには、「DARK RIVER」、「Eternally」のミュージック・ビデオや2013年4月25日Zepp Fukuokaで開催された「GLAY Special Live 2013 Freshers Night 〜夢追いし者と、それを見つめる者達〜 in Zepp Fukuoka」のライブ映像等が収録される[6]

発売を記念して、2013年7月24日 19:00からニコニコ生放送上で、『GLAY「DARK RIVER / Eternally / 時計」リリース記念SPECIAL』を放送[7][8]。「DARK RIVER」、「Eternally」のミュージックビデオに加え、過去のミュージックビデオや厳選ライブ映像が放送された[8]

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. DARK RIVER
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY & SEIJI KAMEDA
    NHK総合ドラマ10『激流〜私を憶えていますか?〜』主題歌[9]。オフィシャルでは、「楽しいばかりではない人それぞれの人生と深い愛情を綴ったミドルロックチューン」と紹介されている[6]
    音楽プロデューサーには亀田誠治を迎えており、GLAYとタッグを組むのは今作が初となる[9]。亀田とは、2006年8月26日・27日開催のTHE 夢人島 Fes.[10]で初対面し[11]、その時の打ち上げ時にTAKUROがプロデュースをオファーしてその場で承諾を得ていたが[11][12]、亀田からは「すごくいい曲ができたら、来てください」と宿題を出されていたと言う[12]。その後、11thアルバム『JUSTICE』でセルフプロデュースに挑戦した後、次の展開を考えた時に亀田にオファーして見ようと言う話になり[11]、今回のタッグが実現した。亀田とのセッションに関して、TERUは「僕たちとは違ったやり方を教えていただき、勉強になった。その分、すごい緊張感といいものを作ろうという使命感が今まで以上に生まれ、すごく大変でした」[12]HISASHIは「佐久間正英さんとの時は自由に演奏してミックスの時に最終的に変化を付けるやり方だったんですけど、今回はフレーズの1音までにこだわって亀田さんと一対一で作り上げました。俺のいいところと亀田さんのアイデアを擦り合わせる。そういう作業は初めてでしたね。」[13]JIROは「僕にはないベースプレーをしていて、すごく影響されました。またひとつ、ステップを上がれたんじゃなかと思う」[12]とそれぞれ刺激的なセッションになったことを語っている。また、亀田からのリクエストにより、ドラマー村石雅行、エンジニアは工藤雅史が担当している[13]
    TAKUROは本曲に関して、「長い時間を経ての人間模様を描くという事なので、大きな深い川をテーマに人生を表してみました。実際に見たアフリカの大地に流れる川、訪れた事はないのですがインドのガンジス川を頭の中に思い描きながら詞の世界を作り上げました。」とコメントしている[9]
    ミュージック・ビデオは、関和亮が監督を務めており、GLAYとのコラボレーションは今回が初となった[14]。ミュージックビデオの深い森は、撮影スタジオに森に見立てた超豪華セットが組まれたものであり、本物の土、木、草を移植、水を循環させ、楽曲の最大のテーマである「川」を再現した[15]。また、ジャケットおよびアーティスト写真などのアートワークも、関が手掛けており、森林深い水辺に佇む4人のシルエット、儚げなでミステリアスな色彩感が、物語を感じさせる仕上がりになっている[14]
    2013年7月10日に、先行配信が開始され、dwango.jp(フル)デイリーランキング(2013年7月10日付)で、初登場1位を獲得した[16]
  2. Eternally
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY / 編曲 & オーケストレーション:KEN SHIMA
    「GLAY Special Live 2013 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1」テーマソング[6]。函館応援ソング[17]メナード化粧品「イルネージュ」CMソング[18]。2013年5月8日に、先行配信が開始されている[19]。詳しい内容は、「Eternally」のページを参照。
    ミュージック・ビデオは、「結婚」がテーマ。平野康裕が監督を務める他、GLAYと親交があり、企画段階から参加したアンジャッシュ渡部建と脚本を共作、主演には倉科カナを迎えた。また、GLAYにまつわる隠れ小ネタがふんだんに盛り込まれ、メンバー4人も随所にカメオ出演している[20]
  3. 時計
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY
    NHK総合ドラマ10『激流〜私を憶えていますか?〜』挿入歌[9]
    本来は劇中でシンガーソングライターの女の子が歌う曲として作られた曲だったが、ドラマの制作サイドからGLAYのバージョンも聴きたいと言われ、ピアノを入れた編成で作ってみたら、思いのほか良いのができたため、挿入歌としても使用されることになった[13]
    TAKUROは本曲に関して、「なるべくシンプルなメロディ、そして10代が持っている希望、現実への苛立ちなどの複雑な胸中を描くことに苦労しました。時計の針に人間関係を見立て、離れている時期、楽しく過ごせる時期など人生の一時を過ごした仲間たちは心の中にずっと刻まれるものだなぁという想いで書きました。」とコメントしている[9]

DVD(CD+DVD盤のみ)[編集]

  • 「DARK RIVER」ミュージックビデオ & メイキング
  • 「Eternally」ミュージックビデオ & メイキング
  • Documentary of GLAY in HAKODATE
    • 2013年5月に行われたフォトセッション他、函館を訪れた際のドキュメント
  • GLAY Special Live 2013 Freshers Night 〜夢追いし者と、それを見つめる者達〜 in Zepp Fukuoka(2013年4月25日公演)
  1. More than Love
  2. WET DREAM
  3. KISSIN' NOISE
  4. 春を愛する人

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

CD[編集]

レコーディング・ミキシング
MASASHI KUDO (Zapp) (M1)
Koniyoung (KURID INTERNATIONAL) (M2,M3)
マスタリング
STEPHEN MARCUSSEN at MARCUSSEN MASTERING STUDIOS

DVD[編集]

監督
KAZUAKI SEKI (OOO=triple-O) (「DARK RIVER」ミュージックビデオ)
YASUHIRO HIRANO (「Eternally」ミュージックビデオ)
MASAHIRO OZAWA (WOWOW) (ライブ映像)
TETSUYA IWAGUCHI (メイキング映像)
オーサリング
SAWAKO RYUKO (BERNIE GRUNDMAN MASTERING)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「DARK RIVER/Eternally/時計」 GLAYオリコン芸能人事典)2014年11月4日閲覧。
  2. ^ オリコンシングルデイリーランキング 2013年7月27日
  3. ^ サウンドスキャン シングルランキングTOP20(2013年7月22日~2013年7月28日)
  4. ^ a b GLAY Discography「DARK RIVER / Eternally / 時計」”. GLAY公式サイト. 2013年5月8日閲覧。
  5. ^ a b GLAY REPORT(2013.05.06)”. GLAY公式サイト. 2013年5月8日閲覧。
  6. ^ a b c GLAY NEWS & INFO(2013.05.06)”. GLAY公式サイト. 2013年5月8日閲覧。
  7. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.07.22)”. GLAY公式サイト. 2013年7月24日閲覧。
  8. ^ a b GLAY「DARK RIVER / Eternally / 時計」リリース記念SPECIAL”. ニコニコ生放送. 2013年7月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e アリーナツアー大成功のGLAY、新作で亀田誠治とタッグ”. ナタリー. 2013年5月8日閲覧。
  10. ^ GLAYは、2006年8月27日に出演
  11. ^ a b c Vol.27 JIRO WEBインタビュー”. GLAY公式サイト. 2013年7月1日閲覧。
  12. ^ a b c d グレニチ 2013年7月発行分より
  13. ^ a b c 『GLAY Walker 函館』「テーマソング「Eternally」インタビュー」(P58~59)より
  14. ^ a b GLAY、ニューシングル「DARK RIVER/Eternally/時計」のアートワークおよびミュージックビデオで関和亮氏と初コラボ”. BARKS. 2013年7月10日閲覧。
  15. ^ GLAY、新曲「DARK RIVER」ミュージックビデオで神秘的な霧の映像美”. BARKS. 2013年7月18日閲覧。
  16. ^ 【dwango.jp】GLAY「DARK RIVER」がデイリーランキングで初登場1位、独占先行配信中”. BARKS. 2013年7月25日閲覧。
  17. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.07.03)”. GLAY公式サイト. 2013年7月8日閲覧。
  18. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.07.22)”. GLAY公式サイト. 2013年7月25日閲覧。
  19. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.05.08)”. GLAY公式サイト. 2013年5月8日閲覧。
  20. ^ GLAY新曲MVで倉科カナ号泣 アンジャッシュ渡部が初脚本”. BARKS. 2013年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]