伊東宏晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊東 宏晃(いとう ひろあき、1965年9月2日 - )は、日本の実業家エイベックス・マネジメント社長。福岡県生まれ。

来歴[編集]

小郡市出身。駒澤大学高等学校駒澤大学卒業。

五人兄妹の真ん中で上に兄と姉、下には妹と弟がいる。父の転勤で中学3年生の2学期に東京へ転校。杉並の中学へ。高校では野球部、途中からバンド。大学ではずっとバンド活動。卒業後は、流通を展開していたMYCALに入り洋服を販売[1]

1994年01月 クリエイティブマックスに転職。trfhitomiの仕事を経て、小室哲哉のマネージャーに就任[2]。アメリカ移住も含め約2年、小室とともに併走。帰国後、エイベックスの作家マネジメント創設の指揮を執り、エイベックスのクリエイティブの根幹を構築[3][4]

2004年09月 エイベックス(現:エイベックス・グループ・ホールディングス)取締役に就任し、その後エイベックス・エンタテインメント執行役員などを歴任。 2013年10月 エイベックス・マネジメント代表取締役社長に就任[5]

エイベックス・エンタテインメント執行役員プラットフォーム事業本部本部長 [6]、エイベックス・エンタテインメントtearbridge production取締役[7]

略歴[編集]

  • 1994年01月 (株)クリエイティブマックス入社
  • 1995年08月 (株)ホワイト・アトラス(現:エイベックス・プランニング&デベロップメント(株))入社
  • 1999年07月 (株)アクシヴ(現:エイベックス・プランニング&デベロップメント(株))取締役 マネジメント事業部長
  • 2004年09月 エイベックス(株)(現:エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社)取締役
  • 2005年04月 エイベックス・エンタテインメント(株)取締役 tearbridge production部長
  • 2006年06月 エイベックス(株)(現:エイベックス・グループ・ホールディングス(株))取締役退任
  • 2010年04月 エイベックス・エンタテインメント(株)執行役員 音楽事業本部 tearbridge production部長[8]
  • 2010年05月 エイベックス・マネジメント(株)執行役員 クリエイティヴ本部長
  • 2011年12月 同社 執行役員 第6カンパニー カンパニー長
  • 2012年05月 同社 執行役員 伊東カンパニー カンパニー長
  • 2013年10月 エイベックス・マネジメント(株)代表取締役社長[9][10][11][12]

出典・脚注[編集]

  1. ^ musicman-net. “伊東宏晃 氏 エイベックス・マネジメント代表取締役社長 2017.1.31”. 2019年1月14日閲覧。
  2. ^ NHK. “小室哲哉の素顔とは?関係者が語る小室ブームの舞台裏 2018.9”. 2019年1月14日閲覧。
  3. ^ avexnet. “【おしえて えらいひと2】当時のマネージャー2名が語る“globe”との「あの日々」”. 2019年1月14日閲覧。
  4. ^ シネマNAVI. “「伊東宏晃」作品検索”. 2019年1月14日閲覧。
  5. ^ avex. “エンタテインメント業界最前線特別セミナー2016年8月”. 2019年1月14日閲覧。
  6. ^ 産能能率大学. “「第1回 アーティストマネージメントのビジネスを学ぶ」2018年5月”. 2019年1月14日閲覧。
  7. ^ avexworldaudition. “avex world audition特別インタビュー”. 2019年1月14日閲覧。
  8. ^ TBSラジオ. “12月8日 セレクター 伊東宏晃さん 2009年”. 2019年1月14日閲覧。
  9. ^ sonic academy. “オーディション必勝講座 2016.11”. 2019年1月14日閲覧。
  10. ^ 兼松グランクス. “『Another story of Da-iCE~恋ごころ~』事前登録! 2017.2”. 2019年1月14日閲覧。
  11. ^ リッチメディア. “『HAIR』、avexとヘアコンテストを共同開催 2017.3”. 2019年1月14日閲覧。
  12. ^ All Digital Music. “音楽業界で「最も影響力あるビジネスパーソン」リスト2018年版 2018.1”. 2019年1月14日閲覧。

 

外部リンク[編集]