BLACK CATS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
BLACK CATS
別名 黒猫[誰によって?]
ジャンル ロカビリー
活動期間 1981年 - 1986年
1994年 - 1999年
レーベル ビクターインビテーション(1981年 - 1983年
徳間ジャパンコミュニケーションズ
1984年 - 1986年)
(1994年 - 1997年
トーラスレコード1996年 - 1997年)
バンダイ・ミュージックエンタテインメント1998年 - 1999年)
共同作業者 織田哲郎作詞作曲編曲
NOBODY(作詞・作曲・編曲)
魚海洋司(作詞・作曲・編曲)
メンバー 高田誠一ボーカル
覚田修サックスコーラス
旧メンバー 片桐孝ギター
久米良昌(ギター)
陣内淳(ウッドベース
久米浩司(ドラム
中村元(ウッドベース)

BLACK CATS(ブラック・キャッツ)とは、日本ロカビリーバンドである。かつては、アメリカ西海岸のガールズバンド「ゴーゴーズ」のオープニングアクトとして全米ツアーに同行したこともある[いつ?]

メンバー[編集]

変遷[編集]

ボーカル ギター ギター サックス・コーラス ベース ドラム
1981年-1982年(上半期) 高田誠一 片桐孝 久米良昌 覚田修 陣内淳 久米浩司
1982年(下半期) - 1983年 高田誠一 片桐孝 久米良昌 覚田修 中村元 久米浩司
1984年-1986年
再結成期
高田誠一         覚田修    

略歴[編集]

  • 1981年 - 山崎眞行が主宰・経営する原宿[どこ?]のロカビリーショップ「クリームソーダ」にて、店のスタッフらが結成。
  • 1982年 - ベーシスト・陣内が脱退し中村が加入。
  • 1983年 - 中村、片桐、久米兄弟が脱退。その後、久米兄弟は「B・A・T」を結成し、高田、覚田は、ベーシスト・炭谷貴士とコカ・コーラのテレビCM「Yes Coke Yes」に出演。
  • 1984年 - 織田哲郎のプロデュースによるオリジナルアルバム『東京ストリートロッカー』を発売。
  • 1985年 - コカ・コーラのテレビCM「Coke is it!」に高田、覚田、ベーシスト・炭谷貴士と出演。
  • 1986年 - BLACK CATS解散。
  • 1994年 - 高田、覚田の2人で再結成[いつ?]。1999年まで[いつ?]活動する。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ジニージニージニー(1981年7月21日)
  2. シンガポールナイト(1981年9月21日)
  3. ランデブー(1981年12月20日)
  4. うわさのラブモンスター(1982年7月21日)
  5. I・愛・哀 Waiting for you(1982年11月5日)
  6. 抱きしめてクレージーナイト(1985年4月25日)

再結成期[編集]

  1. エデンの東へ〜47歳(1995年4月21日) - 伴晋作とのコラボレーション。
  2. BLACK CATS(1998年11月5日)
  3. PARTY CAT(1998年12月16日)

アルバム[編集]

  1. CREAM-SODA PRESENTS(1981年9月21日)
  2. VIVIENNE(1982年3月5日)
  3. HEAT WAVE(1982年11月5日)
  4. 東京ストリートロッカー(1984年8月25日)
  5. ラバーソウル(1985年5月25日)
  6. 第三倉庫 ワンナイトショー(1985年11月21日)

再結成期[編集]

  1. BLACK CAT'S IN USA(1996年3月30日)
  2. DRAGON TWIST(1997年2月26日)
  3. ONE(1999年1月21日)

ベストアルバム[編集]

  1. Cat's Street(1983年8月21日)
  2. ブラック・キャッツ BEST SELLECTION(1990年12月21日)
  3. Best Sellection(1996年12月21日)
  4. ブラック・キャッツ Singles(2003年2月26日)
  5. GO! CAT! GO! -BLACK CATS in U.S.A-(2004年9月23日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]