姫川亜弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

姫川 亜弓(ひめかわ あゆみ)は美内すずえ漫画ガラスの仮面』に登場する架空の女優北島マヤのライバル兼もう1人のヒロイン。

来歴[編集]

大女優と有名映画監督との間に生まれた、演劇界のサラブレッド。美人かつ演技の才能もあり、学力優秀で身体能力も極めて高い。日本舞踊名取であり、ピアノの腕前は中学生でラフマニノフのピアノ協奏曲[1]で賞を取り、しかも料理上手である(※料理家のプロに手ほどきを受けている)。紅茶はクィーンメリーが好き[2]

小学校から名門・聖華学園で学び、現在、大学部演劇学科に在籍している。

人物[編集]

恵まれた環境に生まれ育ち周囲から常に天才と評されてきたが、親の威光に依らず自身の実力で評価されたいと幼いころから渇望し、名声の裏側では人知れず血のにじむような努力を積み、周囲に自分を認めさせてきた、誇り高き苦労人でもある。芸の鬼であり、役の本質をつかむためにはあらゆる手段を模索し、どんな苦労や負担も厭わない。そのため、演技の才能で勝負せず、不正な手段や謀略によって他人を蹴落とし名声を掠め取ろうとする卑怯な役者を嫌う。

本能的に役の本質をつかむことのできるマヤとは対照的に、経験に裏打ちされた洞察力や観察力で役の本質を探り、試行錯誤を繰り返しながら地道に役柄を構築していくタイプ。冷静かつ理知的な性格もあって公演で失敗したことはなく、とっさの出来事にも対応できるだけの順応力と機転も持ち合わせている[3]

世間の評価では終始マヤより優位に立っているが、自身は一度もそう思ったことはなく、天性の才能を持つマヤとの差に幾度となく敗北感を感じ、内心では強い羨望と嫉妬心が渦巻いている。そんな胸中でありながらも、マヤとは互いを認め合う良きライバルであり続け、マヤにとっては最大の理解者でもある。彼女の父親もマヤを芸能界失脚させた乙部のりえに演技で制裁を下した娘の思いを知り、マヤとの間に生まれた絆を感じ取っていたほどである。

梅の谷の試演においてマヤが演じる『紅天女』に圧倒され一度は『紅天女』を諦めるが、あらゆることを努力によって掴み取ってきた今までの人生を思い返し、自分の持てる全ての力をふりしぼって正々堂々と『紅天女』に挑戦しようと思い直す。梅の谷の吊橋[4]の一件でマヤと本音をぶつけ合ったことで改めてお互いをライバルとして認め合い、『紅天女』を実力で掴み取ることを宣言する。

演技の実力は月影千草からも十二分に認められるものであり、マヤと共に紅天女候補に認定されているが、稽古の最中に団員を庇って倒れた機材の直撃を受け、そのときの衝撃が元で視神経に異常をきたす。医師からは『紅天女』をあきらめ、治療に専念するよう忠告されたが拒否し、目が見えなくても演技が行えるよう、母親の下で特訓を受ける。現在は目の異常を周囲に隠しながら、他の出演者と共に『紅天女』の稽古を続けている。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

  • たけくらべ ・・・美登利役。
    • 吉原の廓に住む地元の子供達のリーダー格の少女。
  • 灰の城・・・高波美弥役。
    • 没落華族の家に生まれながら、姫君として誇り高く生きていこうとする少女の物語。
  • 美女と野獣・・・野獣の使い魔役。
    • 養護施設慰問劇の端役で、この役を演じる団員が決まらなかったが『紅天女』を目指す為に自ら手を挙げた。[5]
  • 王子と乞食・・・エドワード王子役とトム役(二役)。
    • この時亜弓は役作りのため、自慢の髪を自らショートカットに切り落としている。
  • 夢宴桜・・・海堂寺月代役。
    • 海堂寺男爵家が栄華の絶頂から崩壊していくまでのさまを描く。
  • 奇跡の人・・・ヘレン・ケラー役。
    • マヤとのダブルキャスト。サリバン先生役は姫川歌子。
  • 朱の彼方・・・アーニャ役。
    • 実の叔父に恋する少女の物語。
  • カーミラの肖像・・・吸血鬼カーミラ役。
    • 幼いころに遭遇した吸血鬼に再会した伯爵夫人の恐怖を描く。マヤの仇を取るために、初めて親の力を借りて役を手に入れた芝居。主演の乙部のりえを演技力で圧倒し、彼女の名声を地に落とした。
  • 夜叉姫物語・・・玉姫役。
    • 領民に過酷な仕打ちをおこない、夜叉姫と怖れられた玉姫の物語。
  • 一人芝居・ジュリエット・・・ジュリエット役。
  • 赤いマント・・・エマ役。
    • 病弱で弱い少女が、赤いマントを身につける事で勇気ある強い少女になる、その姿を見事に演じ分けた。「親の七光り」と劇団員から仲間外れにされていた亜弓の、本当の実力が認められた作品[6]。劇団オンディーヌ児童部研究発表会作品。
  • 不明・・・仙女役。
    • 学芸会の主役。亜弓を組み込むことで話題作りを狙い、シナリオを改変した商業演劇「アシよペンをとれ」を断って、学芸会の方を選んだ[6]
  • ふたりの王女・・・王女オリゲルド役。
    • 北欧の小国を舞台に、何不自由なく育った妹、アルディスと謀反人の娘として育てられた姉、オリゲルド。二人の異母姉妹の対立と葛藤。
    • 月影先生の計らいにより、あえてマヤと共にイメージが正反対の役を演じた。

テレビドラマ[編集]

  • 虹の記憶・・・聖子役。
    • 記憶喪失となった少女・聖子が自分の「家族」とされる家庭内で次第に追い詰められていくさまを描いたミステリードラマ。

映画[編集]

  • ゼロへの逃走・・・金持ちの令嬢[7]
    • 誘拐犯役の俳優・堀口武士が親の七光りと思っていた亜弓の実力を認めた作品[6]

その他の出演など[編集]

  • 服飾メーカー主催のちびっこコンテストで前評判の高かった小原百合子を抑えて1位を入賞。しかし姫川夫妻の七光りによる宣伝効果を念頭に置いた審査基準だった[6]

受賞歴[編集]

  • アカデミー芸術祭芸術大賞 - 「一人芝居・ジュリエット」のジュリエット役で。
  • 不明 - 「ゼロへの逃走」で特別賞を受賞。共演者の堀口武士も主演男優賞を同作品で受賞している[6]

役者[編集]

ドラマ・舞台など[編集]

アニメ[編集]

広告[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ガラスの仮面 「冬の星座」より。正確な番号は作品中、記述されていない。
  2. ^ ガラスの仮面 「炎のエチュード」ではクィーンメリー、「冬の星座」ではクーンメリーと表記されている
  3. ^ 夢宴桜で海堂寺千絵役の代役を頼まれたマヤが台本をすり替えられて正しい筋を演じられなくなった際、とっさに舞台に出て巧みにマヤをリードしそのシーンの筋通りの流れに導いて場を繋いだ。
  4. ^ 切れて落ちる寸前だった吊橋を渡ろうとして落下しかけたマヤを嫉妬心から見捨てようとした
  5. ^ ガラスの仮面 「春の嵐」より。
  6. ^ a b c d e ガラスの仮面 「100万の虹」より。
  7. ^ 役名は記載されていない。