華 (松本孝弘のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松本孝弘スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
インストゥルメンタル
時間
レーベル Rooms RECORDS(日本盤)
Favored Nations(米国盤)
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
松本孝弘 アルバム 年表
KNOCKIN'“T”AROUND
1999年
西辺来龍 DRAGON FROM THE WEST

(2002年)
THE HIT PARADE
2003年
テンプレートを表示

』(はな)は、日本音楽ユニットB'zギタリスト松本孝弘がRooms RECORDSからリリースした5作目のオリジナルアルバムである。2002年2月27日に『西辺来龍 DRAGON FROM THE WEST』と同時発売された。

解説[編集]

TAK MATSUMOTO」名義でのミニ・アルバム『西辺来龍 DRAGON FROM THE WEST』ではロック・テイスト溢れるナンバーが揃っていたが、本作は「松本孝弘」名義となっており、メロウな楽曲を中心に構成されたインストゥルメンタル・アルバムとなっている。

アルバムタイトルは「華のある人になりたい」という想いに由来している。

松本は、海外でレコーディングする機会が多くなったことにより、自分が「東洋人」であることを改めて意識し始めたという。また、2001年にはB'zとして初の海外公演となった台湾・香港公演を行ったことも大きかったと述べている。そして、「今まで僕たちとか僕の音楽を聴いていない人にも聴いてもらいたい」という思いもあるという。

当時、松本は本作を「最高傑作」であると発言している(会報誌のインタビューより)。

2003年2月25日には、スティーヴ・ヴァイ率いるレーベル "Favored Nations" から米国盤も発売された。米国盤はボーナス・トラックに「Trinity」が収録されているのに加えて、「恋歌」のミュージック・ビデオも収められたCD EXTRA仕様となっている。

本作が "Rooms RECORDS" でリリースされた最後のアルバムとなった(本作の発売3ヵ月後にレーベル名が "VERMILLION RECORDS" になったため)。

収録曲[編集]

※カッコ内は米国盤のタイトル表記

  1. 恋歌 (Koi-Uta)(4:08)
    二胡奏者のチェン・ミンと共演した。2002年3月1日にテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演した際、「#1090 [千夢一夜]」とともに披露された。また、同年に開催された『B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜"』でも披露された。
    ミュージック・ビデオも制作されており、アルバム『Strings Of My Soul』初回限定盤付属のDVDに収録された。
  2. #1090 [千夢一夜] (#1090 - Asian Sun)(3:53)
    2nd Single「#1090 〜Thousand Dreams〜」のリメイク。テレビ朝日系『ミュージックステーション』エンディングテーマ(2002年3月1日放送より)。『B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"』で先行披露されているが、松本曰く「これがこの曲本来の姿」と述べている。スティーヴ・ヴァイミックスを担当している。
  3. 華 (Hana)(5:41)
    「恋歌」と同様チェン・ミンと共演した本作のタイトルナンバー。『B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"』で披露された。
  4. 街 (Machi)(4:26)
    七緒香に提供した同名タイトル曲が原曲になっている。2005年に青山学院大学で行われたスペシャルライブで披露された。
  5. 御堂筋BLUE (Midousuji Blue)(3:41)
    2004年に行われたTMGのライブでも披露されており、同年に発売されたアルバム『House Of Strings』には「BLUE」というタイトルで収録されている。以後、タイトル表記は「BLUE」と記されている。タイトルの由来は、大阪のメインストリートである「御堂筋」から。松本の好きな場所の一つであるという。
  6. 朱 〜朝焼け〜 (Red Sky)(4:35)
    松本が、大阪で感じるイメージを表したという。
  7. Little Wing(3:27)
    ジミ・ヘンドリックスカバー曲。松本自身も、B'zのライブなどでボーカル付きで披露していた。アルバム『IN THE WEST』収録のライヴ盤を参考にカバーしたと述べている。
  8. Romeo & Juliet(4:34)
    1968年公開の映画『ロミオとジュリエット』テーマ音楽のカバー曲。元々は、オムニバス・アルバム『Guitar Monster Vol.2』に収録されていたが、スティーヴ・ヴァイが新たにリミックスした音源を収録している。『B'z LIVE-GYM Pleasure'97 "FIREBALL"』で披露されていた。
  9. hallelujah(1:15)
    演奏時間1分15秒ほどの曲。賛美歌をイメージしたもので、以前から一度やってみたかったという。
  10. ENGAGED(4:42)
    原曲はGLAYTAKUROが作曲したもの。TAKUROが用意してきたデモテープには詞も用意してあり、後に彼のラジオ番組で自身のボーカル付きのデモver.をオンエアしたことがある。TAKURO曰く、この歌詞を聴くことでこの曲がなぜ「ENGAGED」というタイトルになったかが分かるという。
  11. You know....(4:38)
    七緒香に提供した「アノヒト」が原曲になっているが、原曲とは雰囲気や展開が異なったアレンジになっている。
  12. 2011(1:32)
    アナログ・ディスクのスクラッチ・ノイズに乗せて演奏しているように聴くことができる。タイトルは稲葉浩志が命名した。その意味は、曲を聴いた時に「10年後の松本孝弘」をイメージしたからだという。

タイアップ[編集]

参加ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]