青紫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
青紫
あおむらさき
 
16進表記 #6F51A1
RGB (111, 81, 161)
HSV (262°, 49%, 63%)
表示されている色は一例です

青紫(あおむらさき)は、色名の一つ。

JISの色彩規格では「あざやかな青紫」としている。一般にの中間の色が幅広く「青紫」と呼ばれる。キキョウカキツバタクサフジなどの花の色である[1]

日本における「青紫」の歴史は古く、平安時代の栄花物語にも見られる[2][注釈 1]

また、中国の制度で印綬に公侯は紫、九卿は青を用いたところから公卿の地位を青紫(せいし)という[1][注釈 2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 若水「寝殿を見れば御簾いと青やかなるに、朽木形のあをむらさきににほへるより、女房の衣のつま袖口重なり」[1]
  2. ^ 経国集(827)二〇・白猪広成対策文・策問「是則柱下之風、入皇朝以⿰扌色青紫、仁義之敦儒也」〔漢書‐夏侯勝伝〕[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 青紫(あおむらさき)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月25日閲覧。
  2. ^ 近江源太郎『色の名前に心を読む 色名学入門』研究社、2008年、60頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]